温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2022年09月08日

置き去りにした悲しみ②


 不思議でなりません。
 なぜ、同じ過ちが繰り返されるのでしょうか?


 現在はコロナ禍のため休講中ですが、僕は長年、NHK文化センターのカルチャースクール 「野外温泉講座」 の講師をしています。
 この講座では毎月1回、バスで県内外の温泉地をめぐっています。

 発着は、JR前橋駅と高崎駅。
 前橋駅では僕が、高崎駅ではセンターの担当職員が出迎えます。
 当然ですが、発着時の参加者人数をチェックしています。

 温泉地の方角によって、発着地の順番は変わります。
 北や東へ向かう場合は、出発は高崎駅→前橋駅。
 帰りは、その逆に停車します。

 前橋駅が最終停車地になる場合は、僕が車内の確認をします。
 参加者が全員降車しているかどうか?
 忘れ物がないかどうか?

 僕だけではありません。
 運転手も車内に入り、座席や棚はもちろんのこと、イスとイスの隙間までチェックします。
 まれにですが、携帯電話やカギなどが、はさまっていることがあるからです。

 そこまでが、講座に添乗した講師としての僕と、運行したバス会社の運転手としての仕事だからです。
 たかが数分のルーティン作業です。


 でも、それが無かったということは、ただのミスでは済まされません。
 しかも、失ったのは物ではなく、人の命なのです!

 またしても悲惨な事故が起きてしまいました。
 静岡県の幼稚園で3歳の女児が送迎バスに取り残されて、熱中症で死亡した事故です。
 思えば昨年、同様の事件が福岡県で起きたばかりです。
 教訓は生かされていなかったのでしょうか?
 なぜ同じ過ちが、こうも繰り返されるのでしょうか?


 何度、頭の中で考えても納得がいきません。
 いったい、いくつ大人の目があれば、小さな命を見落とさなずに済むのでしようか?

 人間だからミスはします。
 だからこそ、プロは何重ものチェックをするのです。
 今回も命を救うチャンスは、何回もありました。

 バスを運転をしていた園長が見ていれば、同乗の派遣職員が見ていれば、担任が気づいていれば、副担任が気づいていれば……
 すべてのチェック機能が欠落していることなんて、プロの現場で起こりうるのでしょうか?

 僕には信じられません。


 テレビのコメンテーターが、こんなことを言っていました。
 「プロほど自分を過信しない。プロほど臆病である」

 申し訳ありませんが、この幼稚園には、そもそもプロ意識がなかったようであります。
 到底、命を預かっている者の意識とは思えないからです。


 人間だもの……
 でも、人間だからこそ、おこたってはいけないのです。
 

 亡くなられた園児のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
 合掌


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 焼身自殺の真実 (2022-09-24 11:39)
 その子は悪くない! (2022-09-21 18:52)
 メール相談室 (2022-09-17 12:07)
 活字の力 (2022-09-14 13:39)
 1/2の呪い (2022-09-07 12:09)
 イワシの頭 (2022-09-04 12:30)

この記事へのコメント
お疲れ様です。ちょっとこの問題を、追ってます。園長、副園長そして保育士すべてが、幼児の命の重さを軽んじていた。コメントですが、退職した元運転手は、必ず最後に、忘れ物などの座席をチェックしていたと。薄っぺらい幼稚園の管理。
たぶん防災避難訓練もしていなかったと思いますよ。
そして、救いはヤフー・ニュースコメント欄の明日は、我が身といっそう努力する保育士さんたちのコメントですね。
Posted by ぎっちゃんぎっちゃん at 2022年09月08日 19:15
ぎっちゃんさんへ

負の偶然が重なったとはいえ、あまりにもずさん過ぎる事故です。
ここまでずさんだと、事故ではなく起こるべくして起こった未必の故意に当たるのではないでしょうか?
「明日は我が身」
命を預かる保育士さんたちには、再三、再四の注意をお願いしたいと思います。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2022年09月09日 11:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
置き去りにした悲しみ②
    コメント(2)