温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2022年09月10日

絵本 『くじらのなみだ』 原画展


 前橋市在住の絵本作家・野村たかあき先生。
 といえば、このブログにも、たびたび登場していただいている僕の “心の師匠” であります。

 最近では、毎月1回、伊勢崎神社 (伊勢崎市) で開催している 「神社かみしばい」 に賛同してくださり、オリジナル紙芝居の 『焼きまんじゅうろう 旅すがた』 を描き下ろしてくださいました。
 この紙芝居はシリーズ化され、第1巻の 「おきりとおこみの巻」 に続いて、第2巻 「宿場につめてぇ風が吹く」 が現在、口演中です。

 また第2巻は 「焼きまんじゅうろう旅姿~玉村宿の決闘」 とタイトルを変え、前橋市在住のアマチュア落語家・都家前橋(みやこや・ぜんきょう) さんにより、創作落語にもなりました。


 そんな多忙な最中、野村先生が新作の絵本を出版されました。
 『くじらのなみだ』 (でくの房刊)
 作・小野 浩 絵・野村たかあき

 福島県いわき市で行われていた鯨漁を通して、人と生き物のつながり、親子の絆を描いた作品です。
 作者の小野さんは、いわき市在住。
 古式捕鯨の研究者であり、現在は群馬県立女子大学の非常勤講師もされています。


 野村先生の作品は版画が多いのですが、今回の絵本は、すべて黒色鉛筆と墨で描かれています。
 ぜひ、この機会に、迫力ある原画の数々をご覧ください。



        『くじらのなみだ』
     野村たかあき 絵本原画展

 ●会期  会期中~10月16日(日)
 ●会場  フリッツ・アートセンター (前橋市敷島町)
 ●入館  無料
 ●休館  火曜日
 ●時間  11:00~18:00
 ●問合  TEL.027-235-8989 (同センター)


同じカテゴリー(ライブ・イベント)の記事
 絵本 『くじらのなみだ』 トークショー開催 (2022-09-25 12:30)
 狭き笑いの強運者たち (2022-06-05 13:34)
 YouTubeに 「焼きまんじゅうろう」 参上! (2022-05-20 11:14)
 目に染みたか! 身に染みたか! 心に染みたか! (2022-05-04 11:06)
 おかげさまで定員を超えました! (2022-04-17 12:21)
 今日の朝日新聞 「創作落語で悪者退治」 (2022-04-12 10:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
絵本 『くじらのなみだ』 原画展
    コメント(0)