温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2022年09月11日

戦争を知らない老人たち


 ♪ 戦争が終わって ジジババは生まれた
    戦争を知らずに ジジババは育った
    老人になって 気づきはじめる
    平和の歌を くちずさみながら
    ジジババの名前を 覚えてほしい
    戦争を知らない 老人たちさ ♪
  (ジローズ 『戦争を知らない子供たち』 の替え歌)


 僕は、かれこれ15年前から講演やセミナーの講師をしています。
 企業や自治体、カルチャーセンターからの依頼が多いのですが、需要からか開催の日時は平日の昼間がほとんどです。
 ということは講話の対象は、“平日の昼間に時間が自由になる人” = “高齢者” になります。
 公民館などのカリキュラムでは、そのままズバリ! 「高齢者教室」 と冠しているセミナーもあります。

 15年前は僕も、まだ40代後半でした。
 そんな若造が、人生の先輩たちを相手に講釈をぶつのですから、緊張もしました。
 「戦争も知らないくせに……」
 そんな声が聞こえてくるようで、ハラハラドキドキの中で講話を行っていました。


 時はめぐり、僕も “還暦” という大台を越えました。
 「高齢者教室」 のほとんどは満60歳以上が対象ですから、聴講者も僕と同世代か少し年上の方々です。
 正確に統計を取ったわけではありませんが、僕が見たところ70代が圧倒的に占めています。
 60代だと、まだまだ現役の方が多いんでしょうね。
 数は少ないです。

 また80代の方も時々は見かけますが、やはり少数であります。

 ということは、講師の僕をはじめ会場にいるすべての高齢者たちは、完全に “戦争を知らない老人たち” なのであります。


 戦後77年の時が過ぎました。
 海の向こうでは、いまだに弾丸が飛び交い、戦火が上がっています。
 はたして、この国のどれだけの人が、実感していることでしょうか?

 あと10年もすれば完全に、“戦争を知らない国民たち” になります。


 「だから何だ?」
 と思われるかもしれません。
 「平和ボケは幸せの証拠だ」
 と言う人もいます。

 本当なのでしょうか?
 平和ボケの代償もあるのではないでしょうか?


 いつまでも、この平和が続きますように……

 そう願いながら僕は、演壇に立っています。


 ♪ 年寄りだからと 許されないなら
    髪の毛が薄いと 許されないなら
    今のジジババに 残っているのは
    涙をこらえて 歌うことだけさ
    ジジババの名前を 覚えてほしい
    戦争を知らない 老人たちさ ♪
 

同じカテゴリー(講演・セミナー)の記事
 温泉サミット IN つきよの (2022-09-27 18:17)
 遺書を抱いた婦人 (2022-09-12 12:39)
 だからライブは止められない (2022-07-13 09:56)
 高崎市民対象の講演を行います (2022-07-03 11:22)
 コロナ明けの予感 (2022-05-31 12:28)
 「ささの湯 オフ会」 宿泊満員御礼! (2022-05-11 10:29)

この記事へのコメント
こういうお題の時は、いつも反応する小生です(笑)

いつまでも平和が続くとは、思えない今日この頃です

そこで替え歌をひとつ

♪私は今日まで生きてきました
 時にはアメリカの力を借りて
 時には中国にしがみついて

 私は今日まで生きてきました
 そして今私は思っています
 明日からはこうして生きていけないだろうと

お粗末でした
Posted by ヒロ坊 at 2022年09月11日 13:40
ヒロ坊さんへ

お見事!
ラストの歌詞、「明日からはこうして生きていけないだろうと」 が染みますね。

つくづく、この国の平和は、いつもで持つのだろうかと不安になる今日この頃です。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2022年09月11日 22:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
戦争を知らない老人たち
    コメント(2)