温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2022年11月12日

走れ! マロ号


 イヌ派?ネコ派?と問われれば、0対100で僕は、絶対的にネコ派であります。
 たぶん、幼少の頃にイヌに噛まれた記憶が、トラウマになっているのだと思います。

 そんな僕の家に、「マロ」 がやって来たのは16年前のこと。
 家族が、僕の意思を確認することもなく、独断で飼ってしまったのです。
 小型犬のチワワ (オス) といえども、イヌはイヌです。
 僕はしばらく、近寄れずにいました。

 ところが奇跡は起きました。
 数日後、「こいつとは、うまくやれるかも」 と思え始め、やがて、「こいつはイヌではなく、“マロ” という別の生き物なんだ」 と思えるようになりました。
 それからは、無二の親友になれました。
 (マロとの日々は、当ブログのカテゴリー 「マロの独白」 をお読みください)


 マロが亡くなって3年。
 依然、僕のイヌ嫌いは治っていません。
 やはり、マロだけが特別だったのですね。

 人と人、人と動物に相性があるように、最近、“モノ” とも相性があることを知りました。


 自動車派?自転車派?と問われれば、10対90で僕は、自転車派です。
 100%でないのは、群馬で暮らす限り自動車は必需品なので、仕方なく乗っています。
 ので、不要不急の場合、10キロ以内なら自転車、10キロ以上ならば電車とバスを利用するようにしています。

 自動車が嫌いな理由は、たった1つ!
 点から点への移動をする乗り物だからです。
 移動の行程や景色、人との出会いを楽しめないことに、“素っ気なさ” を感じてしまいます。

 よって、僕にとって自動車は、急を要す場合に目的地まで身体を運んでくれる道具に過ぎません。
 だから、動けば何でもいいのです。


 今夏、そんな僕のポンコツ車が、ついに廃車となりました。
 「動けばいい」 と思っていた車が、「車検を通らない」 と言われてしまったのです。
 嫌いでも、この土地で暮らす限り、やはり無いと不便なのです。
 仕方なく、自動車関連会社に勤める息子に 「動けば何でもいいから」 と頼んで、中古車を一台、持って来させました。

 ところが、奇跡が起こりました!
 免許を取得して、45年。
 乗り換えた車は、6台目。

 大嫌いな車なのに、納車された日に乗った瞬間、
 「あっ、こいつとは、うまくやっていけるかも」
 という、不思議な予感がよぎりました。
 そうです、イヌ嫌いの僕が、マロと出合ったときのような……


 あの日から3ヶ月が経ちました。
 相変わらず、僕の自動車嫌いは治っていません。
 が、不思議なんです。

 「こいつとなら出かけてもいいかな」
 と思え、エンジンをかけている自分がいます。
 しかも、45年間で初めて 「運転が面白い」 とも思えています。

 やっぱり、人と物にも相性ってあるんですかね?

 だから僕は、こいつに “マロ号” と名付けました。


 人は見かけによらぬもの。
 イヌも見かけによらぬもの。
 自動車も見かけによらぬものであります。

 走れ! マロ号


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 今の姿をさらしたい (2022-12-02 14:12)
 鼻毛とチャーハンと大型犬 (2022-11-29 11:56)
 霊感なんてないはずなのに (2022-11-21 10:56)
 アマノジャクと群衆嫌悪症 (2022-11-02 11:20)
 3つの誓い (2022-10-28 12:04)
 A町の未来 (2022-10-24 14:10)

この記事へのコメント
マロパパ先生

マロちゃんが、こんどは車に生まれ変わったのかな・・?
(=^・^=)

そう、相性ってとても大きいですね。
わたしは車も自転車も乗れませんが・・・(≧▽≦)

日頃使う文房具には、やはり相性を感じます。
ペン、ボールペン、ノート、裏紙に至るまで・・・
これは長年思って来たことです。

「個」との相性は、人、動植物などのイキモノだけでなく、
「モノ」にも確かにあるなあと、最近感じています。
面白いですね(^▽^)/

ムクより
Posted by ムク at 2022年11月12日 12:16
ムクさんへ

本当に相性とは、不思議で面白いですね。
食わず嫌いでは、ダメだということですね。
嫌いなものの中にも、探せば相性のいいものがあるということです。

世の中、捨てたもんじゃありません!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2022年11月12日 23:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
走れ! マロ号
    コメント(2)