温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2022年11月18日

宝川温泉 「汪泉閣」⑧


 「これが男性用の “湯浴み着” です。時代の流れで、混浴のスタイルも変わりました」
 「ハイ、OKです!」

 晩秋の大露天風呂。
 紅葉は美しいけど、とにかく寒い!
 ふるえながら、腰巻のような湯浴み着一枚で、ディレクターの 「OK」 を何度も待ちました。


 群馬テレビ 『ぐんま!トリビア図鑑』 の新シリーズ 「温泉王国ぐんま」 のロケで、宝川温泉 (みなかみ町) の一軒宿 「汪泉閣」 へ行って来ました。
 冒頭のセリフは、番組のエンディングシーンです。
 この後、僕は露天風呂に入り、カメラに向かって、手を振りました。

 温泉ロケでは、よくあるシーンですが、違和感が残りました。
 なぜなら僕は今まで、著書でも新聞、雑誌、もちろんテレビでも、全裸で撮影に臨んで来ました。
 なぜなら、「ウソのないように」 という思いからです。

 近年ありがちな、≪撮影のためタオルを使用しています≫ というテロップだけは、避けたいからです。
 でも、時代は変わりました。
 もう、テロップもお断りもいりません。

 堂々と “湯浴み着” を着て、入浴すればいいのですから……


 宝川温泉は昭和の時代、クマと入浴できる温泉としてマスコミに取り上げられ、全国的に話題となりました。
 平成以降は、天下一の露天風呂として売り出し、コロナ前まではインバウンドが奏功して、外国人観光客でにぎわっていました。

 ところが時代は、思わぬ盲点を露呈しました。
 クマとの入浴はもちろん、クマ園自体の撤去。
 そして、宝川温泉の一番の売りであったはずの全裸での混浴にも、コンプライアンスの手が伸びました。
 (女性は2016年~、男性は2019年~、湯浴み着の着用が義務付けられました)


 日本固有の文化が薄れていく風景に、杞憂と寂莫を感じながら撮影を終了しました。


 ※『ぐんま」トリビア図鑑』 #308 「みなかみ18湯 いで湯発見伝説」 は、12月6日(火) 21:00~の放送です。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 月夜野温泉 「みねの湯 つきよの館」⑮ (2022-11-13 18:59)
 四万温泉 「もりまた旅館」② (2022-11-07 11:30)
 磯部温泉 「小島屋旅館」➁ (2022-08-22 11:25)
 幡谷温泉 「ささの湯」④ (2022-05-15 20:46)
 倉渕川浦温泉 「はまゆう山荘」④ (2022-04-25 11:44)
 けっぱれ! 川原湯温泉 (2022-04-03 11:57)

この記事へのコメント
私も反対派とまでは行きませんが入浴は
何も身につけたくない方なので
湯浴み着強制になってからは行っておりません。マナーやモラルの問題が大きいでしょうが残念な事ですよね。ただその方が安心という方もいるでしょうし。
ただ熊鍋は食べたいな(^_-)
Posted by みわっち at 2022年11月18日 15:07
みわっちさんへ

混浴は、もはや絶滅危惧温泉です。
いずれ無くなってしまうかもしれません。
残念ですが、時代が許さないんでしょうね。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2022年11月18日 20:53
ご来町ありがとうございました。放送楽しみにしています。
Posted by タカトシ at 2022年11月22日 12:19
タカトシさんへ

これはこれは、観光協会さま!
この度は、来月開催されるサミットの情報をプレス配信してくださったそうで、ありがとうございます。

「みなかみ18湯」 を全国に知らしめましょう!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2022年11月22日 23:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
宝川温泉 「汪泉閣」⑧
    コメント(4)