温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2022年11月21日

霊感なんてないはずなのに


 テレビ番組の制作には、「ロケ日」 と 「ロケハン日」 があります。

 ロケ日は、屋外撮影の本番日のこと。
 ロケハン日は、その下見取材日のことです。
 ですから番組スタッフは、同じ現場に2度、足を踏み入れることになります。

 その2度ともに、異変が起こりました。


 番組のスーパーバイザーであり、リポーターでもある僕は、今回、ロケ&ロケハンの両日に同行しました。
 県北部の山腹に建つ古刹を訪ねました。

 まずロケハン日では、寺院の境内に入った途端、僕は強烈な腹痛に襲われました。
 “下り龍” という突然の下痢です。
 本堂に着くなり、トイレに駆け込みました。

 住職との打ち合わせに、参加できるような状況ではありません。
 ディレクターと放送作家に任せて、しばらくトイレの中で、うなっていました。


 痛みも治まり、トイレから出てくると、すっかり打ち合わせは終わっていました。
 「あの部屋、なんかありますね」
 「やっぱり、感じた?」
 「僕は寒くて、震えが止まりませんでしたよ」
 車の中での、ディレクターと放送作家の会話です。

 僕は、意味が分からず後部座席で聞いていました。


 そして、数週間後。
 ロケ本番日。
 今度は大型のバンに乗り込み、カメラマンや音声さんも一緒です。

 「やだな~、あの部屋に入るの」
 ディレクターが、一人ごちました。
 「霊感とかあるの?」
 訊けば、「まったくない」 と言います。
 「小暮さんは、ありますか?」
 「いや、俺もない……はず」

 と言ったものの、その昔、一度だけ幽霊らしきものを見たことがあります。
 (当ブログの2011年8月12日 「首のないボーイ」 参照)
 が、後にも先にも人生で、それ一回こっ切りです。

 だから霊感は、ないと思います。


 がーーーーーっ!!!!
 渋るディレクターの後をついて、その部屋に近づいた途端、またもや体に異変が起こりました。

 その部屋とは、本堂から続く、お位牌堂でした。
 四方の壁に、何百というお位牌が並んだ部屋の正面に、この寺の歴世和尚の木像が鎮座されています。
 お堂へ続く、渡り廊下を渡り始めた途端、
 「あっ、イタタタタタターーーーー‼」

 突然、左脚のふくらはぎと足の指が同時に、つりました。
 と思ったら、廊下を渡り終える前に、右脚のふくらはぎと足の指までもが、痙攣(けいれん)するようにピクピクと、つり始めたのです。
 僕は、その場でしゃがみ込み、ディレクターに伝えました。

 「ダメだ! 両足がつった! 俺は本堂で休んでいるよ」


 幸いにも、お位牌堂では木像の撮影だけで、僕の出番はありませんでした。


 その後、しばらく僕は足を引きずっていましたが、不思議なことに境内を出た途端、何もなかったように痛みは消えていました。
 「あそこ、何かあるんですかね?」
 と不安そうなディレクター。
 「そりゃ~、何かあるでしょう。温泉を発見して、湯の道を切り開いたほどの高僧が祀られているお堂だからね」
 「確かに……」

 オンエアの時、何かが映り込んでいなければ、いいんですけど……


 ※群馬テレビ 『ぐんま!トリビア図鑑』 の放送は、12月6日(火) です。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 今の姿をさらしたい (2022-12-02 14:12)
 鼻毛とチャーハンと大型犬 (2022-11-29 11:56)
 走れ! マロ号 (2022-11-12 12:08)
 アマノジャクと群衆嫌悪症 (2022-11-02 11:20)
 3つの誓い (2022-10-28 12:04)
 A町の未来 (2022-10-24 14:10)

この記事へのコメント
昔は、見えていたことも

今は、声がきこえる位(笑)
Posted by ぴー at 2022年11月22日 18:05
ぴーさんへ

お久しぶりです。
お元気でしたか?

ぜひ、サミットや講演等、イベントにもご参加ください。
また、お会いできる日を楽しみにしています。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2022年11月22日 23:14
寄る年なみに
いい感じに体がポンコツ状態になりまして、修理しながら生きてます。

仕事も二刀流で、全く余裕のない生活が3年ほど続きました。

また、ぜひ、お会いできる日を楽しみにしております。
Posted by ぴー at 2022年11月23日 13:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
霊感なんてないはずなのに
    コメント(3)