温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2023年03月24日

本は買ってください


 僕の職業は、ライターです。
 日本語で分かりやすく表記するなら、“売文業” であります。
 読んで字のごとく、文章を売ることを生業としています。

 収入源は、大きく分けて2つ。
 新聞や雑誌などに寄稿、連載をした「原稿料」 と、書き下ろした著書の 「印税」 です。
 (連載が書籍として出版されることもあります)


 「印税」 と聞くと、誰もが必ず口にする言葉があります。
 「よっ、夢の印税生活!」
 でも、文字通り、そんなことは “夢” であります。
 いや、シビアに言うなら、夢のまた夢です。

 その夢がかなう人は、出版界でも、ほんの一つまみ。
 何百万部と売れるベストセラー作家だけです。
 印税は、本体価格の数~十数%ですから、たかが知れています。

 しかも無名な作家ならば、初版は数千冊の印刷がいいところです。
 たとえ増刷されて、数万冊売れてたところで……(計算してみてください)
 その作り上げるまでの手間ひまを時給で計算してみると、よっぽどコンビニでアルバイトをしたほうが収入になります。

 だから著者にとって著書は、血と汗と涙の結晶であり、一冊でも多く売れてほしいのです。


 「小暮さんの新刊、さっそく図書館にリクエストしました」
 以前、そんなコメントを読者からいただいたことがありました。

 ありがたいことです。
 嬉しいんですよ。
 でもね、本音を言えば、「書店で買ってよ~」 なんであります。

 確かに、図書館が購入すれば、そこで1冊分の印税は著者に入ります。
 でも、その後、何人に読まれても1円も入っては来ないのです。


 「ブックオフで買いました」
 という人もいます。
 こちらも図書館同様、本を買って手放した人の印税は入りますが、その後に古書店で買っていただいても入っては来ません。

 ま、僕も図書館と古書店は、よく利用していますから、大きな声で文句は言えませんけどね。
 利用する側と本を出版する側では、立場が変わってくるということです。


 えー、読者のみなさんに、お願いがあります。
 図書館で借りていただいても、古書店で買っていただいても、読んでいただければ著者は大変うれしいのです。
 もー、そりゃあ~、感謝以外の何ものでもありません。

 が、もし、少しでも慈悲の心がおありでしたら、新刊を書店にて、お買い上げください。
 そのことにより、我が家の夕飯のおかずが一品、増えるかもしれないのであります。

 わがままなお願いであることは、重々承知しております。
 そのうえで、お願い申し上げます。
 どうか、恵まれない売文業者を助けると思って、本は新刊を買ってくださ~い!m(__)m
  

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 今日は何の日?④ (2023-05-29 11:40)
 装丁会議 (2023-05-14 11:37)
 「高崎版 ロミオとジュリエット」 を朗読 (2023-05-11 12:31)
 ラジオから届いた言の葉プレゼント (2023-04-10 10:34)
 「あとがき」 によせて (2023-04-02 12:27)
 温泉本、入荷しました。 (2023-03-29 11:37)

Posted by 小暮 淳 at 12:00│Comments(2)著書関連
この記事へのコメント
そうですよね~、次回の新刊が出た際には
書店で爆買いしたいと思います(笑)
あ、ブログ開設13周年おめでとうございます
(祝)
Posted by みわっち at 2023年03月25日 06:21
みわっちさんへ

ありがとうございます。
“爆買い” とは、うれしい!
よろしくお願いいたします。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2023年03月25日 10:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
本は買ってください
    コメント(2)