温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年07月13日

大塚温泉 「金井旅館」

 行きつけの薬局の薬剤師さんと、よく立ち話をします。
 Kさんは僕と同世代で、温泉と山歩きが好きな方です。このブログも読んでいただいているようで、薬をもらいに立ち寄ると、必ず温泉の話になります。
 「行きたい温泉は、たくさんあるんですが、真夏は湯上りに汗が引かなくてね」と、Kさん。

 実は、人百倍温泉に入っている僕でさえ、この時季の温泉はこたえます。
 しかも取材では、日に3つくらい温泉にはいりますから、当然、湯疲れ、湯あたりをしてしまいます。
 Kさんの言うとおり、好きな仕事とはいえ、夏の温泉取材は、かなりハードです。

 そこで、夏におすすめの温泉を紹介します。
 「ぬる湯」という独特の入浴法を昔より守り続けている温泉です。
 一般には40℃以下の温泉を言いますが、どうしてもぬる過ぎて、温めて使用してしまうんですね。
 でも、このぬるい湯を、あえて加温せずに、そのまま入浴する温泉があります。「持続浴」とか「微温浴」とか呼ばれる入浴法です。

 ぬる湯は長時間入浴ができるため、薬効成分が肌から吸収しやすく、皮膚病などに効く温泉が多いのです。
 また長湯により血行が良くなり、老廃物や疲労物質が排出されるため、精神の鎮静効果が高く、ヒステリーや不眠症、うつ病などに効果があるといわれています。

 群馬県内で「ぬる湯」が体験できる温泉は、川中温泉(東吾妻町)・松の湯温泉(東吾妻町)・川古温泉(みなかみ町)などがありますが、今日は中之条町にある大塚温泉の一軒宿『金井旅館』を紹介します。

 ここの4代目主人の金井昇さんは、のんべぇで、実に愉快なオヤジです。
 初めて取材で伺ったときから意気投合してしまい、それからというもの茶を飲みに寄ったり、泊り込んで一緒に酒を呑んだり、公私共にお付き合いをしていただいております。
 そうそう昨年、渋川市で開催した僕の講演会にも来てくれました。一番前の席に座られてしまい、大変やりづらかったことを覚えています。でも、ちゃんと僕の本を5冊も買って帰ってくれましたよ。ありがと、おっちゃん!

 そんなオヤジがいる、きさくな宿ですが、日帰り入浴もやっていまので、ぜひ一度「ぬる湯」を体験してみてください。
 泉温は34℃、体温より低いですから、ほとんど温水プールです。常連客は日に8時間以上入ります。風呂の中で本を読んでいる人もいますね。まさに、平成の湯治場です。

 ただし、露天風呂は混浴です。
 男女別の内風呂が1つずつありますが、源泉が岩肌から滝のようにふりそそぐ名物の内風呂は、混浴です。
 でも慣れると混浴もクセになるものです。ぜひ、「ぬる湯混浴」にチャレンジしてみてください。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大塚温泉 「金井旅館」
    コメント(0)