温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年02月17日

月夜野温泉 みねの湯 「つきよの館」④


 月夜野温泉「つきよの館」のホームページがリニューアルオープンされました。

 何でそんなことを、このブログで宣伝するのかって?
 はいはい、別に特定の温泉旅館をえこひいきしているわけでは、ありませんよ。
 実は、このホームページに僕が登場しているのです。
 (いきさつは、12月10日の当ブログ<月夜野温泉 みねの湯「つきよの館」③>をご覧ください)


 女将さん、スタッフのみなさん、おめでとうございます。
 とっても素敵な、そして「つきよの館」らしい、あったかいホームページですね。
 「つきよの館」の魅力が、いっぱい詰まっています。

 で、やっぱり、このホームページの目玉は、なんと言っても、僕の入浴シーンでしょうかね!
 お気に入りの特等席(月夜野盆地を見下ろす湯舟)で、気持ち良さそうに湯を浴んでいますよ。
 みなさんも、同じ場所で、ぜひ絶景の湯浴みを体験してみてください。

 さらに、ホームページでは、僕の著書も紹介されています。

 本の写真と一緒に、こんなエピソードが添えられていましたよ。

 <以下、抜粋>
 『ぐんまの源泉一軒宿』の著者、小暮淳さんも毎年のように訪れ 「窓から見える棚田と鎮守の森が作るのんびりとした里山の風景に、心が洗われるようで大好きです」と窓辺の時間をゆっくり楽しんでいかれます。


 湯はアルカリ性単純温泉(自家源泉)。
 美肌効果抜群で、湯上りは、ツルツル、モチモチの美肌になりますぞ!
 その証拠に、女将の肌はツルツル、モチモチです(触ったことはありませんが、見た目はそうです)。

 僕は風呂上りに、夕景を見ながら生ビールを飲むのが定番。
 特に、遠くの山々の稜線をシルエットにして、緋色に燃え上がる夕焼け美は、息をのむ絶景であります。
 見ていると、その神々しさに、涙が出そうになるくらい。
 僕が知るかぎりでは、「群馬三大夕景」の1つでしょうなぁ。

 女将さ~ん、今年もまた行きますよ!
 また、一緒に飲みましょうね。


 ※「つきよの館」ホームページ minenoyu.com/
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

この記事へのコメント
(’_’) このお宿は 道から良く見えるけど

曲がる交差点がよく判らない。

自分には 秘湯です(笑)
いつも通り過ぎ 町営の日帰り施設に立ち寄り 帰ってしまいます(´〜`;)

単純泉とは言え
パワー有りそうな お湯ですね( ^ー゜)b
Posted by momotaka at 2011年02月18日 12:39
momotakaさんへ

はい、僕も最初は町営の「三峰の湯」へ行ってしまいました(笑)。
誰もが最初は迷う宿です。
ある意味、秘湯ですな。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年02月18日 22:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
月夜野温泉 みねの湯 「つきよの館」④
    コメント(2)