温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年03月19日

大塚温泉 「金井旅館」②


 今日は朝から中之条町の大塚温泉へ行ってきました。

 大塚温泉の一軒宿 「金井旅館」 の4代目主人、金井昇さんに最初にお会いしたのは、かれこれ6~7年前のことです。
 暑い暑い夏の日の午後でした。

 裏庭で梅を干しているご主人に 「おいしそうな梅干ですね!」 と声をかけると、「ほれ」 と言って僕の手のひらに梅干を1つ乗せてくれたのです。
 「うちは、動力を一切つかっていない。源泉をそのまま、ぶん(かけ)流しだからね。恵まれた湯があるから、うちなんかでもやっていけるんだよ」
 その飾り気のない人柄にひかれて、それからというもの、足しげく通うようになったのです。
 時には泊り込んで、ご主人と酒を酌み交わしたり、あるときは僕の講演会にご主人が来てくれたりと、何かと交流を続けている、いわば勝手知ったる温泉宿であります。

 今日は、新聞の取材でした。
 旧館玄関の隣の「受付」と書かれた日帰り入浴客専用の扉を開けると、いつもと同じように大女将の金井トキさんが、こたつに入っていました。
 ご主人と女将さんの美恵子さんに勧められ、僕もこたつにお邪魔しました。

 「取材だなんて、うちのことは小暮さんが全部知ってるだんべ。おまかせでいいよ」
 と相変わらず、いつもの調子です。
 「そーだ、昼にそばを打ってやるから、風呂にゆっくり入ってきない」

 なんでも、1年半前から独学で、そば打ちを始めたとのことです。
 「なんかオレもしなくっちゃと思ってさ、見よう見まねで始めたわけよ。楽しみにしてな」
 と、厨房へ消えてしまったのです。

 では、いざ、群馬屈指のぬる湯へ。
 泉温34.2度。湧出量、毎分800リットル!
 800リットルですよ~!
 とにかく一軒宿で、この量は、すご過ぎます。
 男女別の内風呂、混浴の内風呂、混浴の露天風呂だけでは、到底使いきれませんから、ここでは魚の養殖にも温泉水を利用しています。
 テラピア(和名 : イズミダイ) です。
 以前、泊まったときに刺身を食べましたが、淡水魚とは思えぬプリプリ、シコシコの歯ごたえは、まさにマダイの食感でした。

 それでも温泉を使いきれずに、田んぼにまで引いているというから驚きです。


 う~ん、やっぱり、まだこの時季は、露天風呂は寒いですね。
 34度といえば、体温より低いわけですから、ほとんど野外の温水プールに入っている状態です。
 いや、外気に触れているので、もっとずっーと低いはずです。

 テキパキと撮影だけ済ませて、内風呂へ。
 外気で冷えた体には、34度が今度は温かく感じられます。
 案の定、今日も単行本を持ち込んで入浴している湯治客がいました。
 とにかく、ぬる湯は長時間入浴できるのが特徴です。

 ※ぬる湯の効能や金井旅館についての詳しいことは、2010年7月13日の当ブログ 「大塚温泉 金井旅館」 をご覧ください。


 風呂上りにご主人自慢の手打ち十割そばをいただいて、お茶を飲みながら雑談(これが取材ですが) をしながら、楽しいひとときを過ごしてきました。

 僕があんまり 「おいしい、おいしい」 という言うものだから、おみやげにふきのとうをたくさんいただいてしまいました。
 ご主人、ごちそうさまです。

 ふきのとうの、あの苦味がたまりませ~ん!
 今晩は、日本酒の量が、いつもより増えそうですよ。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

この記事へのコメント
風呂上がりの十割そば、いいですね!

いつも金井旅館は連泊なので、お昼にうどんを出してくれますが、
今度はご主人にお願いして、おそばを打ってもらいます。

暖かくなると、大塚温泉の季節なので、また行って来ます。
Posted by masa at 2012年03月19日 23:52
masaさんへ

お久しぶりです。
そーですね、春から夏にかけて “大塚温泉の季節” です。
ぜひ昼に、ご主人自慢の十割そばを注文してください。
ちなみに、大塚温泉の記事は、4月11日の朝日新聞に掲載されます。
Posted by 小暮 at 2012年03月20日 01:52
真夏に 入れる温泉として貴重ですよね
あの 露天風呂も含めて 考えてみても かなりの湯量がないと 出来ない事です

温泉水で養殖なんて いいですね
今度 1kg当たり 500べクレルから100べクレルに 下がるので 川魚は 近郊の河川では 無理になります

餌の仕入れに 気をつければ 本業以上に儲かるかも?

県内のワカサギに合掌(>人<)
Posted by momotaka at 2012年03月21日 18:49
momotakaさんへ

あの露天風呂は、ほとんどプールですよね。
従来の、ぬる湯のスタイルを継承しているからこそ、できることです。
今後、もっともっと、ぬる湯が支持されることを切に望みます。
Posted by 小暮 at 2012年03月22日 00:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大塚温泉 「金井旅館」②
    コメント(4)