温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年01月25日

うのせ温泉 「上越館」②


 ついにマジック点灯!
 残り、あと6軒となりました。


 僕は1年半前から、群馬県みなかみ町にある18温泉地の全(※)75軒の宿を取材して回っています。
 ※(みなかみ町観光協会加入旅館)
 昨年の9月に、『みなかみ18湯〔上〕』(上毛新聞社) として、水上温泉と猿ヶ京温泉の2温泉地34宿をすでに発表していますから、下巻で紹介する残りの宿は41軒となります。

 この41軒は、昨年の夏から取材を続けています。
 で、未取材の宿は、いよいよ、残りあと6軒となりました!

 “終わりのない旅はない”

 そーです。
 どんなに長い旅でも、必ずいつかは終わりが来るのであります。
 あと、6つ!
 登山で言えば、九合目。
 ほら、山頂が、見えてきましたよ!


 と、いうことで、昨日は69軒目の温泉旅館に泊まってきました。

 うのせ温泉 「上越館」。
 2年半ぶりに、訪ねました。

 戦前、水上温泉が 「湯原の湯」 と呼ぶのに対して、ここは 「鵜の瀬の湯」 と呼ばれていました。
 また、湯の温度が低かったこともあり、地元では 「ぬる湯」 とも呼ばれ、湯治客が訪れていた小さな温泉地です。

 当時は、「神峡楼」「奥利根館」「鳴滝旅館」「山景館」「鹿野沢館」という5軒の湯宿がありましたが、それぞれ廃業や経営者が変わり、現在では3軒になっています。
 この中の 「山景館」 を戦後、現主人の祖父が購入して 「上越館」 となりました。


 「お久しぶりです。その節は、ありがとうございました。今日は泊まって、ゆっくりしてください」
 と、3代目主人の阿部聡一さんが、あの日と変わらぬ笑顔で迎えてくれました。
 阿部さんとは、2010年に出版した拙著 『群馬の小さな温泉』(上毛新聞社) の取材以来の再会であります。

 「今でも、あの本を持って泊まりに来られる方がいるんですよ」
 とは、うれしいですね。
 著者冥利に尽きるというものです。


 この宿の一番の売りは、何と言っても、利根川河川敷に造られた野趣あふれる露天風呂です。
 何はともあれ、部屋で旅装を解いたら、ぐずぐずせずに陽のあるうちに出かけましょう!
 と言っても、ここの露天風呂は、旅館内にはありません。
 旅館を出てから、利根川沿いの坂道を湯屋まで歩いて行きます。

 貸切露天風呂 「蛍」。
 名前のとおり、夏には天然のホタルが飛び交います。

 露天風呂ということですが、正確には “野天風呂” ですな。
 ※(露天は屋根がある。野天は屋根がない。)
 しかも、湯舟の左右にすだれのような仕切りがあるだけ。
 それ以外に、視界をさえぎるものは、何一つありません。
 かなり、ワイルドです。

 前回訪ねたのは、初夏のこと。
 ラフティングを楽しむ人たちが、素っ裸の僕に、手を振りながら利根川を下って行ったことを思い出します。
 でも今回は、冬。
 絶景の雪景色です。
 しかも、向かいの山のてっぺんには、早々と月が昇っています。

 「雪見風呂」 と 「月見風呂」
 なんと贅沢(ぜいたく) な湯浴みでしょうか!
 これが仕事なんだから、なお、たまりませ~ん!


 湯から上がれば、キーンと冷えた生ビールとともにいただく、主人の手料理。
 和食とイタリアンを学んできただけあり、絶妙に和洋が折衷された創作料理です。

 「イワナの刺身には、白ワインが合いますよ」
 だなんて、仕事とはいえ、だんだん公私混同してきましたよ。
 「では、次は冷酒を・・・」
 う~ん、イワナの刺身は、日本酒にだって、もちろんピッタリ合います。


 ホロリ、ホロホロ・・・
 と、ほどよく酒もまわり、無事に69軒目の取材が終わりました。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
うのせ温泉 「上越館」②
    コメント(0)