温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年02月07日

赤岩温泉 「誠法館」②


 秘湯とは、必ずしも深山幽谷の人里離れた地にある温泉とは限りません。
 “人に知られていない温泉” という意味では、国道沿いにあっても秘湯です。

 僕は以前から、赤岩温泉(みなかみ町須川)の一軒宿 「誠法館」 は、群馬の秘湯の1つだと思っています。


 「いやいやいや~、お久しぶりです!」
 相変わらず血色のいい顔に、満面の笑みをたたえながら、出迎えてくださいました。
 ご主人の冨沢房一さんです。
 拙著 『ぐんまの源泉一軒宿』(上毛新聞社) の取材以来ですから、お会いするのは約3年ぶりになります。

 この笑顔、この笑い声。
 懐かしくもあり、うれしくもあり、元気までもらえそうな気分になる人です。

 でも、なんだが足がお辛そうで・・・
 「ああ、もう歳だからね。こっちも今年から辞めちゃったんだよ」
 と、銃を撃つマネをしました。

 そうなんですよ。
 ご主人は、この界隈では名だたるハンターなんです。
 前回、訪ねたときは、ハンター仲間の話や狩猟の話をたくさん聞きましたっけね。

 今回は、温泉の湧出秘話を、たっぷりお話してくださいました。


 大正時代のこと。
 板割職人をしていた房一さんの祖父が、裏山で木を切り出して、担いで下りようとしたとき、足を滑らしてスッテンコロリン転がった。
 起き上がろうと、手を突いた水たまりが温かい。
 「おお、ここには湯があるぞ!」 と、手掘りで掘削を始めた。

 でもね。なにせ手掘り(かずさ掘り) ですから、そんなに深くは掘れませんって。
 80メートルまで掘って、出てきたお湯は17度とぬるかったようです。

 執念とは恐ろしいものです。
 祖父は、その後、材木商で金を稼いで貯めて、再度チャレンジをします。
 昭和36年、見事、現在の源泉を掘り当てました。

 宿の営業は、昭和40年から。
 祖父の遺志を継いで、房一さんが温泉宿を始めました。
 「祖父は旅館の完成を見ずに他界してしまいましたが、温泉には死ぬまで入っていました」


 深イイ~!話では、ありませんか!

 “湯の数だけ 歴史がある” のですね。


 源泉名は 「太子の湯」。
 木工職人の守護神として崇(あが)められている聖徳太子にちなんで、祖父が命名したとのこと。
 源泉の湧出する敷地内には、高さ約3メートルもある聖徳太子の石像が祀られています。
 これも、祖父が建立したものです。

 “宿の数だけ 物語がある” のです。


 そして秘湯は、国道沿いにもあるのです。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

この記事へのコメント
人に知られていない温泉=秘湯

昨日、姉からこんなメールがきました
三山温泉また行こうね!
友達(栃木県在住の人らしい)にも紹介しといたから…
こうやって秘湯の口コミは広がってゆくんですよね(笑)

『たのやく』読み始めましたよ!
人にしられていない雑誌ですね(笑)
TIホテルは、独自の活動されていますね。刺激になります。
本屋さんにちょっと寄った感をあじわえたり、新感覚の雑誌です!
Posted by ぴー at 2013年02月08日 09:36
ぴーさんへ

『たのやく』 は名前のとおり、楽しく役に立つ雑誌ですね。
何よりも、制作の発想が素晴らしい!
目からウロコが落ちました。
Posted by 小暮 at 2013年02月08日 17:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
赤岩温泉 「誠法館」②
    コメント(2)