温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年05月31日

日本一の温泉県にするために


 読売新聞、上毛新聞に続いて今日、朝日新聞が 「みなかみ温泉大使」 任命の記事を掲載しました。
 同じ事柄の記事なのに各紙、微妙に切り口や表現のニュアンスが異なるところが面白いですね。
 朝日新聞は朝日らしく、ちょっぴり辛口です。

 今朝は、コンビニでコーヒーを飲みながら自分の新聞記事に目を通しつつ、講演会場へと向かいました。


 高崎市新町公民館。
 事前に地元のフリーペーパー 「ちいきしんぶん」 に告知されたこともあり、定員の50名は受付開始から数日で満席となったといいます。
 「昨日の夕方まで、申し込みの電話がありました。断るのも忍びないので、お受けすることにしました(笑)」
 と館長さん。

 午前10時、会場となった集会室に入ると、人でいっぱいです。
 結局、70名の方が来場されました。

 10分間の休憩をはさんで正午まで、たっぷり2時間の講演をさせていただきました。


 「ライターなのに、なぜ講演をするのか?」
 ときどき、訊かれることがあります。
 でも、自分でも理由はよく分かりません。

 温泉が好きだから、好きな温泉のことを、もっともっと大勢の人に知ってほしいから。
 僕が温泉の魅力にとりつかれ、温泉ライターになったのも、群馬の温泉の素晴らしさを知ったから。
 その魅力を、せめて群馬の人には、知ってほしいから。
 知らないと、他県の人に自慢できないから。

 夢は、群馬県民が自信を持って、「群馬は日本一の温泉県」と言えるようになること。
 そして日本中の人から、「群馬といえば温泉」 「温泉といえば群馬」 と言ってもらえること。
 ひいては、外国人が日本に来る目的が 「温泉」 であり、その聖地が 「群馬」 であること。

 ですかね。


 遠い夢のようですが、今日も確実に70人の方が、より温泉を好きになり、より群馬の温泉の素晴らしさに気づいてくれたと信じています。
 これからも時間の許す限り、県内のどんな小さな会場でも出かけて行って、1人でも多くの人に温泉の魅力を伝えたいと思います。

 群馬を日本一の温泉県にするために……。


同じカテゴリー(講演・セミナー)の記事
 一番いい温泉は、どこですか? (2018-09-03 19:38)
 公民館めぐり (2018-08-24 18:30)
 やっぱり温泉といえば群馬なのです (2018-07-27 14:29)
 ライターとして大使として (2018-06-28 21:21)
 小さな講演会 (2017-08-15 21:18)
 文化講演会のお知らせ (2017-06-19 13:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
日本一の温泉県にするために
    コメント(0)