温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2019年09月18日

倉渕川浦温泉 「はまゆう山荘」③


 今日は、温泉の謎を解き明かしに行ってきました。

 訪ねたのは高崎市(旧倉渕村) の一軒宿、倉渕川浦温泉 「はまゆう山荘」。
 一軒宿の山荘と呼ぶには、しょう洒で立派な建物です。
 その佇まいは、さながら中世ヨーロッパの古城を思わせる重厚な造りのリゾートホテルです。

 それもそのはず、実はこの建物、昭和62年(1987) に神奈川県横須賀市と旧倉渕村が友好都市関係にあつたことから、横須賀市民の休養村として設立されたものです。
 だから宿名も横須賀市の市花 “浜木綿(はまゆう)” なのであります。

 では、なぜ海辺の大きな市と山奥の小さな村が友好都市関係なのか?
 その理由についてを書き出すと長くなりますので、拙著 『新ぐんまの源泉一軒宿』 や 『西上州の薬湯』 等をお読みください。


 ということで、オープン当時は温泉宿ではありまでした。
 きっかけは平成18年(2006) の高崎市との合併でした。
 翌年、念願の温泉掘削となり、2年後の同21年3月より 「倉渕川浦温泉」 としてリニューアルオープンしました。

 当時、“群馬に新たに温泉宿が誕生した” というニュースを受けで、すぐさま取材に行った記憶があります。
 2009年9月に出版した拙著 『ぐんまの源泉一軒宿』(絶版) にも、<県内でもっとも新しい温泉宿である。> と記述しています。
 そして、湯については、こんな表現をしています。
 <湧き出た湯は、黄金色した45度の高温泉。>

 ところが、あれから10年経った現在、源泉の温度は32度と下がり、湯の色は無色透明になっています。
 しかし泉質に変化はありません。
 はたして、これはどういうことなのか?

 今回の取材によって、思わぬ事実が判明しました。


 なぜ、温度が下がってしまったのか?
 なぜ、湯の色が消えてしまったのか?
 いずれ、何かの機会に報告いたします。

 これだから、温泉は楽し!


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 川原湯温泉 「やまきぼし」 (2020-08-31 13:55)
 新鹿沢温泉 「鹿澤館」 (2020-07-12 11:35)
 谷川温泉 「別邸 仙寿庵」 (2020-06-23 15:18)
 老神温泉 「楽善荘」② (2020-06-03 11:48)
 霧積温泉 「金湯館」⑩ (2020-03-16 12:13)
 尻焼温泉 「ホテル光山荘」③ (2020-03-07 13:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
倉渕川浦温泉 「はまゆう山荘」③
    コメント(0)