温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年09月10日

温泉ライターの味方②


 前回、「温泉ライターの味方」 というタイトルでブログを書いたのは、昨年の9月21日ですから、今年は10日も早かったことになります。

 何が早いのかって?
 はい、毎年恒例の “お礼参り” のことなんです。
 僕は新刊が出版されると、お世話になった団体や個人をお訪ねして、本を渡してお礼を言って回っています。


 読者ならば、すでにお気づきの人もいるでしょうが、僕の温泉本シリーズは巻末の奥付ページに 〔協力〕 という欄があり、毎回必ず記載されている2つの団体と機関があります。

 「社団法人 群馬県温泉協会」 と 「群馬県健康福祉部 薬務課」 です。

 群馬県温泉協会は、僕が温泉ライターになるきっかけとなった団体ですから、当然、ご挨拶に行きます。
 今日も事務局長の酒井幸子先生とお会いして来ました。
 突然訪ねたにもかかわらず、先生は 「あら、もう本ができたのかしら?」 と僕の顔を見るなり、仕事机から駆け寄って来てくださいました。
 「毎回、表紙の写真が素晴らしいわね」
 と、開口一番。そして、あわてて、
 「もちろん、文章も素晴らしいわよ」
 と、僕に気を使ってくださいました。

 先生、ありがとうございます。
 また、出版パーティーの席で、楽しいお酒を飲みましょうね。


 その足で、向かいの群馬県庁14階にある薬務課を訪ねました。
 薬務課との付き合いは、僕が平成19年度の群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」の講師を引き受けた時からです。
 世の中って言うのは不思議なもので、最初僕は、この「フォローアップ研修会」を受講しようと申し込んだのであります。
 ところが、時すでに遅く、定員オーバーで断られてしまいました。
 そしたら、なんと逆に、主催の薬務課から講師の依頼が来てしまったという、なんとも笑い話のようなストーリー展開となってしまったのであります。

 当時、僕を講師に推薦してくれた薬務課のHさんは、すでに転任してしまいましたが、その後も代々の担当者が、毎年、僕の本の出版に際して、協力してくださっています。
 今日は、3代目担当者のYさんとお会いして、束の間の温泉談義を楽しんできました。

 薬務課は、群馬県内の源泉調査を行っている所。
 ですから、毎回、レアでコアな温泉話が聞けるんですよ。
 今日も、温泉の掘削から登録までの手続き話や薬事法にまつわる話、適応症についてなどなど、かなり専門的な話を聞くことができました。
 毎回、本当に勉強になります。


 温泉協会も薬務課も、いわば僕にとっては、温泉ライターを営んでいく上で必要不可欠な存在なんですね。
 強ーーーい、味方なのであります。

 また次回作は、来春に出版されます。
 引き続き、ご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願いいたします。
 

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 山頂に立つ (2018-06-14 11:00)
 ディレクター魂 (2018-06-07 15:38)
 どこかで 誰かが⑨ ディレクター (2018-05-29 11:18)
 不自由なれど (2018-05-21 13:34)
 読者の目 (2018-04-27 12:09)
 どこかで 誰かが⑦ 写真 (2018-01-31 12:21)

この記事へのコメント
新刊のご本たのしみにしております。それぞれの温泉のたのしさ・特徴を分かりやすい文章と素適な写真で「温泉大好き」との思いがますます強くなります。それには大変なご努力がおありなのだと。ブログを拝読いたしておりますとよくわかります。これからも、温泉探訪よろしくご案内のほどますます期待致しております
Posted by しをちゃん at 2012年09月11日 10:43
しをちゃんへ

ありがとうございます。
来週あたりから書店には並ぶと思います。
よろしくお願いしますね。
また今月の講座には、お持ちいたしますで、直接僕からお譲りすることも可能です。
楽しみにしていてください。
Posted by 小暮 at 2012年09月12日 17:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
温泉ライターの味方②
    コメント(2)