温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年12月14日

一湯一酒 湯酒屋 「安兵衛」


 ちょっと面白い展開に、ワクワクしています。

 先日、取材の途中で、みなかみ町観光協会の事務所に寄ったときのことです。
 担当のKさんが、
 「これ、これこれ! 安兵衛のママから預かってきたんですよ。小暮さんに許可がほしいって」
 と言って、1枚の名刺を持ってきました。

 “安兵衛” とは、水上温泉街にある飲み屋の名前であります。
 つい10月に、協会の人たちに連れて行かれ、午前様まで飲んだくれた店です。

 「えっ? なになに」
 と渡された名刺を見ると・・・

 湯酒屋 安兵衛 yuzakaya

 と書かれているではありませんか!
 “湯酒屋” とは、僕がその時にネーミングした造語です。
 街の飲み屋は、居酒屋。
 「でも、せっかく温泉にあるんだから “湯酒屋” のほうが風流がある」
 とか何とか言っちゃって、「ここは、湯酒屋 安兵衛だ」
 と、口走ってしまったんですよ。
 ※(命名のいきさつは、当ブログ2012年10月22日「あこがれの湯酒屋で」を参照)

 ママさん、よっぽど気に入ってくださったんですね。
 でも名刺には、まだ何か書かれていますよ。

 水上温泉・一湯一酒 by Jun Kogure

 これには、驚きました。
 “一湯一酒” も、その時に飛び出したコピーです。
 居酒屋ライターの吉田類氏の向こうを張って、「小暮淳の湯酒屋放浪記を書こう」 なんて話していたんですよ。
 そのサブタイトルが、“一湯一酒” です。

 温泉街には、必ず1軒は酒の旨い店がある。
 それが、“一湯一酒” です。
 温泉と酒のエッセー本なんて、将来書いて見たいものですな。


 でも、マジマジと見れば、実に不思議な名刺であります。
 だって名刺に、その人以外の名前が書かれている名刺なんて、見たことがありませんよね。
 まー、それだけママさんは、僕に敬意を表して、気をつかってくださったということですね。
 うれしいじゃ、ありませんか!

 許可を出すも何もありませんって。
 ジャンジャン使ってくださいな。

 我こそは、この温泉街で一番の飲み屋だと自負しているお店には、“湯酒屋”の称号を僕が差し上げますよ。
 著作権の契約料は、酒を一杯ごちそうしてくだされば結構です(笑)。


 みんなで広げよう! 湯酒屋チェーン 一湯一酒の輪!


 ママさん、ありがとうございます。
 水上温泉に出かけた時は、また飲みに行きますね。
 もちろん、紅しょうがの天ぷらをつまみに、芋焼酎ですよ。


同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 7回裏、チャンス到来! (2018-08-20 18:17)
 10%のしあわせ (2018-08-01 19:24)
 ハラスメント対策 (2018-06-05 10:26)
 貧乏脱出大作戦 (2018-05-31 11:15)
 『新ぐんまカルタ』 制作10周年 (2018-05-09 12:40)
 「F」 と 「H」 (2018-04-18 14:14)

この記事へのコメント
こんにちは。湯酒屋を名のる件、ご快諾いただき有難うございます。
これからドンドン使わせてもらいます。と少々固く御礼まで。

先日、常連さんが「ブログ見たよ。けんどあんなの食ったことねえなあ」って。あたりまえだろ、だいたいウチにはメニューなんてものはないからね。お客さんの顔見て、ない頭しぼるんだよ。冷蔵庫の中想像して。

あたしのお母ちゃんは84歳、料理担当。作るの大好きでこれでもかって感じ。だけど「今日は腹一杯だって」って時には例の物なんかが出てくるんだね。ま、気分だよね。

ともあれおかげで、湯酒屋安兵衛にも「アレ」が出来たわけです。感謝 か~ん~しゃ!     
Posted by 紅しょうが at 2012年12月15日 15:25
紅しょうがさんへ

これはこれは、ママさん直々のコメントじゃありませんか!
わざわざ、ありがとうございます。
気分次第というのが、湯酒屋的でいいですよね。
それにしても 「アレ」 のお味は絶品でしたよ。
水上名物になること間違いなし!
みんな、水上温泉に行ったら 「安兵衛」 へ行こう!
Posted by 小暮 at 2012年12月16日 11:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
一湯一酒 湯酒屋 「安兵衛」
    コメント(2)