温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年01月16日

カッコ悪い大人


 今日の新聞に、医者で作家の川渕圭一氏のコラムが掲載されていました。
 氏は、「頑張れ受験生」 と題して、若い人たちへ、こんなエールを贈っています。

 <世の中や他人のせいにしてばかりで、自らは一向に意見を発しない、カッコ悪い大人にならないために。揺るぎない信念を持ち、自らの理想を語ることができる、真の大人になるために。>


 “カッコ悪い大人”

 この言葉が、今日1日、僕の頭の中でグルグルとめぐっていました。

 確かに、氏の言うとおり、不平不満ばかり口にして、自らを改善しない大人は、カッコ悪いのです。
 いうなれば、“有言不実行” であります。
 でも、「会社が悪い」「上司がバカだ」と言いながら、飲み屋でクダを巻いているヤカラは、日本全国どこにでもいますよね。

 このヤカラは、決して珍しい人たちではありません。
 不平不満を口にすることによって、ストレスを発散して、翌日からまた同じ毎日を繰り返しているのです。
 気持ちは分からないでもありませんが、確かにカッコ悪い!

 僕も一時期、サラリーマンをしていたので、気持ちだけは分かります。
 でもね、僕の場合、翌日にリセットできなかったんでありますよ。
 氏の言うとおり、<意見を発して>しまったんですね。

 「バカに下げる頭はない!」って。
 でも、他人をバカ呼ばわりする人のほうが、本当はバカなんですよね。

 カッコは良かったけど、バカを見たのは自分でしたもの。
 ま、それゆえ、現在の僕が、ここにいるんですけど。


 実は今日、僕は、さる男のことを考えていたのです。
 30代の頃、彼は会うと、いつもいつも会社の不平と上司の不満を口にしていました。
 聞いているほうにしてみれば、あまり心地の良い話ではないのですが、そのいきどおりたるや凄まじく、いかに自分が優秀で、いかに会社がそれを認めてくれないかを熱く熱く語るのです。

 時に、その言動は、もうグチなどではなく、“青年の主張”のようにも聞こえてきました。

 当時、僕はすでにフリーで仕事をしていたので、「だったら、そんな会社、辞めちゃえば」 なんて、軽いノリで無責任に言っていたのです。
 すると彼も、酒の力を借りて、「おお、辞めてやろうじゃないか~! あんな会社、辞めてやる~!」 と息巻くのが、常でした。


 その後、僕も忙しくなり、滅多に彼と会わなくなっていました。
 40歳を過ぎてから、久しぶりに会うと、彼は、まったく別人のように変わっていました。

 「その後、どう?」
 と聞いても、以前のように会社や上司のグチを言いません。
 まったくもって温厚なオジサマに変身していたのです。


 最近、彼の会社の同僚に会うことがありました。
 彼がまったくの別人になってしまったことを告げると、その同僚は、
 「それが、うちの会社のやり方ですよ。アメとムチを上手に使い分けて、社員を飼い慣らすんです」 と・・・。

 “アメとムチ”

 それはそれで、幸せなのかもしれませんね。


 氏の言葉を借りれば、有言不実行がカッコ悪い大人なのですから、彼は、そこからは脱出したわけです。
 いわば “不言不実行” という、最強の武装を人生に施したのですから。

 確かにカッコ悪くはないかもしれません。
 でも、僕には、リングに上がらないボクサーのように見えて仕方がないのです。

 戦わなければ、負けることはない。
 負けることがなければ、失うものもない。

 でも、戦わないのだから、永遠に勝利はないのです。


 カッコなんて、悪くてもいいじゃん!
 負けたって、いいじゃん!

 <揺るぎない信念>を持ち、<自らの理想>を語ることができれば・・・


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 不便と不自由の選択 (2018-12-10 12:08)
 ガンバレ! 人生百年 (2018-11-26 13:34)
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)
 風のルーツ (2018-10-26 18:01)

この記事へのコメント
揺るぎない信念 自らの理想  は語れない女ですが

昨年末からBSでドラゴンボールZを、毎日、日課にして観ています。
家族は、白い目でみます(笑)でも20年前からファンなので観たいものは観ます。

彼は揺るぎない信念(自分より強い相手に挑戦する)の持ち主です。
私の理想の男です。
Posted by ぴー at 2013年01月17日 09:33
ぴーさんへ

世代ですかねぇ…。
僕の理想の男は、絶対に “矢吹丈” なんですよ。
モデルが、たこ八郎だと知ってからは、ますます好きになりましたね。
燃え尽きるまで戦えたら、本望です。
Posted by 小暮 at 2013年01月18日 12:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
カッコ悪い大人
    コメント(2)