温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年08月06日

老神温泉 「金龍園」


 群馬県沼田市利根町の老神(おいがみ)温泉には、現在、15軒の温泉宿があります。
 僕は今年の6月から、すべての宿を網羅すべく、コツコツと取材活動を続けています。

 昨晩は、前老神温泉観光協会長である主人の小尾孝男さんと、3代目で専務の和正さんのご厚意により 「金龍園」 に泊めていただき、2日間にわたり温泉街や周辺を取材してきました。

 「金龍園」 は、旧老神温泉街の一番奥。
 片品川に架かる内楽橋のたもとに建つ旅館です。
 あえて “旧” と表現したのは、現在の老神温泉は昭和10年に対岸の穴原温泉と大楊温泉を吸収合併して誕生した温泉郷だからです。


 金龍園の創業は昭和45(1970)年ですが、前身は 「末広館」 という戦前から商っていた老舗旅館でした。
 地主だった先代が、廃業した末広館の跡地に、現在の旅館を建てて営業を再開させました。

 ちなみに旅館名の 「金龍」 とは、先祖に 「金平」 という人がいたことと、先代の奥様の名が 「たつ」 だったからとのことでした。
 う~ん、旅館名の由来って面白いですね。
 僕は取材に伺うと、必ず由来を訊くことにしています。


 「金龍館」 といえば、マニアの間では全国区で知られている旅館なんですよ。
 それは、な~んでか?

 答えは、“混浴” のある旅館だからです。
 えっ、混浴のある温泉は、群馬県内でもほかにあるだろうって?
 確かにそうですが、でも、ここは 「男湯」 がないんですよ!

 女性専用の婦人風呂はあるんですけどね。
 大浴場も露天風呂も混浴です!
 (あと貸切の露天風呂があります)

 て、ことは、男性は常に混浴であることを意識しなくてはなりません。
 よって、脱衣所には、こんなメッセージが書かれています。

 <淑女が入浴中は腰に巻いてお入り下さい>

 貼り紙の下には、入浴衣(腰巻) が用意されています。


 では、僕も、さっそく突撃潜入ルポへ!

 ん? 誰もいません。
 っていうか、カメラマン同行の取材入浴ですものね。
 誰もいるわけありませんって。

 大浴場も露天の岩風呂も貸切状態なので、もちろん腰巻は使用せず、生まれたままの姿で撮影しました。

 引かれている源泉は7号泉、8号泉と10号泉の混合泉。
 ほんのり硫黄の香りがするアルカリ性単純硫黄温泉と、サラリとした単純温泉という泉質の異なる2種類の湯が楽しめます。


 もちろん湯上がりは、食事処で上州牛や赤城豚などの地の食材や、川魚や山菜などの里山料理をいただきながら、地酒に酔いしれました。

 湯良し、宿良し、人良し。
 群馬には、いい温泉、いい旅館が、たくさんありますね。

 あ~、群馬って、いいなぁ~!


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

この記事へのコメント
小暮さん、私も先日、金龍園の混浴風呂に入りましたよ。歴史を感じる、いいところでした。
Posted by お汁粉ちゃん at 2014年08月21日 00:24
お汁粉ちゃんへ

お久しぶりです。
金龍園さんの混浴風呂は、内風呂も露天風呂も風情がありますよね。
老いも若きも、男も女も関係なく、和気あいあいで入れる混浴は、後世に残したい古き良き日本の文化です。
ぜひ、これからも混浴めぐりを楽しんでくださいね。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年08月21日 11:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
老神温泉 「金龍園」
    コメント(2)