温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年04月16日

四万温泉 「つるや(鶴屋)」


 今、『奇跡の軌跡』(文芸社刊) という本を読んでいます。
 著者は、鶴屋旅館の3代目主人、関良則さんです。

 16年前、倒産寸前の温泉旅館を立て直すために四万温泉に帰ってきた、若き経営者の起死回生の奮闘記です。
 僕は温泉や旅館の歴史が好きなので、この手の本は楽しく読ませていただいています。

 関さんとの出会いは、2000年に開催された四万温泉協会主催のイベント 『探四万展(さがしまてん)』 であります。
 彼は運営する協会の青年部員で、僕は招待されたアーティスト兼シンポジュームのパネリストとして参加しました。
 今週、久しぶりに再会をして、昔話に花を咲かせてきました。

 その時、「確か、本を出されましたよね?」と僕が話題を持ち出したところ、「ぜひ、記事の参考にしてください」と1冊いただいてきたのです。


 四万温泉で「つるや」といえば、デザイナーズ旅館として若い人たちにとても人気の旅館です。
 やはり2000年頃からでしょうか、雑誌『じゃらん』やテレビでも、たびたび取り上げられるようになり一躍有名になりました。
 1泊何万円もする高級部屋に次々と予約が入り、すぐに満室となる伝説の旅館となったのです。

 関さんは、強烈な信念と柔軟な発想の持ち主です。
 本は、そんな彼の成功への挫折と再生の軌跡をたどって書かれています。

 しかし僕が今回、彼を訪ねたのは、高級旅館への軌跡を知るためではなく、以前から気になっていた立地の謎を解くためだったのです。
 「つるや」を訪れたこのある人なら気づいたと思いますが、四万温泉の一番奥にある旅館です。
 さらに、建物は薬王寺という寺院の境内にあります。
 露天風呂へ行くのに、寺の参道を渡るのです。

 「実は、うちの敷地に、後から寺が建ったんですよ」
 と関さんは、その謎を解き明かしてくれました。
 関家の敷地内に寺が建立され、初代(関さんの祖父)が宿坊を始めたのが、そもそもの鶴屋旅館のスタートだったとのこと。
 そして、寺の紋が「鶴」だったことから鶴屋となったいきさつなど、興味ある話をたくさん聞くことができました。


 斜面に建てられた宿の眼下には、日向見薬師堂(国の重要文化財)のかやぶき屋根が見えます。

 “鹿覗きの湯” と名づけられた露天風呂には、けもの道が通り、運が良ければカモシカが入浴を覗きにきます。

 このような立地条件の中で、旅館業を営めること自体が、自然と歴史に恵まれた“奇跡の宿”だと思うのです。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
四万温泉 「つるや(鶴屋)」
    コメント(0)