温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年04月27日

猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」⑤


 今日は、ちいきしんぶん(ライフケア群栄)の取材で、猪ノ田(いのだ)温泉の一軒宿「久惠屋(ひさえや)旅館」へ行って来ました。
 1月に訪れていますから、今年に入って2度目の取材であります。


 やっぱり、遅かった!
 すでにカタクリの花が、みんな落ちてしまっていました。

 2年前、出版の取材で訪れたときは、開花期ドンピシャで、駐車場をはさんで山の斜面と旅館の庭に、紅紫色の花が咲き乱れていたのです。
 今日も、かすかな期待はあったものの、残念……。
 ダラリと葉を地面に落とした、花のない姿が、ちらほら残骸のように残っているだけでした。

 「今年も見事でしたよ」
 と女将の深澤信子さん。
 「ああ、見たかったんですけど、来るのが遅過ぎましたね」
 と肩を落とす僕。
 「黄色いのだけ咲いてますけどね」
 そういって女将は、庭の花壇を指差しました。

 えええーっ、黄色いカタクリですかーーーー?

 確かに花壇の中で、品の良い黄色いカタクリが咲いていました。
 「これ、園芸種でしょ?」
 と僕。
 すると女将は 「ムフフフっ」 と、目だけで笑って見せました。

 なーんだ。
 でも、女将の茶目っ気が、とっても可愛くて、心がほっこりしたのです。


 なんだか今回も、大歓迎されてしまいました。
 女将、若女将、そして主人まで勢揃いして、お出迎えです。

 「もう何回も来てますから、記事はお任せでいいですかね?」
 決して、手抜きをしようっていうんじゃありませんよ。
 「いつもいつも、ありがとうございます。よろしくお願いします」
 ということで、取材は完了!
 お茶を飲みながら、世間話が始まりました。

 震災のこと、その後のキャンセルのこと、それでも少しずつ客が戻ってきたこと、GWはまずまずの予約状況であること、などなど……。
 元気に湯を守り続けている主人と女将と若女将の明るい笑顔に、安心しました。

 2月に掲載された朝日新聞の記事の話になりました。
 今でも新聞を持って、やって来る人がいるとのこと。
 嬉しいですね、ライター冥利に尽きます。

 掲載日に、「新聞を読んだのですが、すぐに行けないので、源泉入り石けんを送って欲しい」という電話があったそうです。
 最近になって、その人が旅館を訪ねて来たといいます。
 そして、こんなことを言って帰りました。

 「ありがとうございます。送っていただいた石けんのおかげで、首にあった腫瘍が、きれいに消えてなくなりました」と!

 「小暮さん、温泉って、本当に不思議なものですよね」
 と主人。
 「本当ですね。だから何百年と人は温泉を大切に守り続けてきたんですね」
 と僕。


 主人は毎日、泉源地に手を合わせているといいます。
 女将は毎日、入浴の際、湯に「ありがとう」と感謝の言葉をかけているといいます。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

この記事へのコメント
読んでて目頭が熱くなりました。

温泉好きでよかったと思った朝でした。
Posted by ぴー at 2011年04月28日 09:47
温泉の成分やら 適応症を科学的に調べ

健康維持に有効な モノとして 国に認めてもらいたいですね


入浴剤以下の 扱いなんて 理解に苦しみます
Posted by momotaka at 2011年04月28日 11:17
ぴーさんへ

いい温泉には、いい湯守がいるんですね。




momotakaさんへ

日本が、温泉治療に健康保険が適用される国になれると、いいですね。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年04月28日 16:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」⑤
    コメント(3)