温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年09月12日

亡友の息子② 「9.11の夜」


 昨年の9月11日の夜、ケータイに登録外のメールが届いた。
 「Tです。小暮さん、元気ですか? アドレスを変えました」

 T君は、3年半前に亡くなった友人のカメラマンO君の息子です。

 別に、用があってのメールではありません。
 ついでに近況報告が記されているだけでした。

 「いくつになった?」
 「16歳、高校1年になりました」
 そんな、やり取りを交わした記憶があります。


 そして、昨日。
 奇しくも、同じ9月11日の夜。

 またしても登録外のメールが着信しました。
 開いてみると……

 「Tです。お久しぶりです。
  親父死んで、もう4年になりました。
はやいもんで、びっくりです。

  小暮さん、元気ですか?!」

 なんとも不思議です。
 1年ぶりに届いたメールの内容が、ほぼ同じなんです。

 9.11 ……

 アメリカ同時テロから10年、東日本大震災から半年。
 でも、個人的には、僕と亡きカメラマンとその息子にとって、なにも特別な日ではありません。

 昨晩遅く、メールを返しました。
 すると、今朝 ・・・

 「小暮さん、親父の写真集出してくださいよ~。
  自分で良かったら、力貸します!!」

 T君、大きくなったな。
 おっちゃん、うれしいよ。

 写真集だよな、そーだよな。
 おっちゃんと、とうちゃんが通っていた島の写真集のことだよな。

 朝から、ジーンと胸を締め付けられ、目頭が熱くなってしまいました。


 以前、O君の家の近くまで行ったので、線香を上げに寄ったことがありました。
 奥さんはいましたが、平日の昼間だったので、息子は学校へ行って不在でした。

 「小暮さんが来たなんて言ったら、T は悔しがりますよ。
  とっても小暮さんに、会いたがっていましたから」
 そう奥さんに言われたことを、思い出しました。

 T君、
 今度は、キミのいる休みの日に、線香を上げに寄ることにするよ。
 そして、お父さんの話をしよう。

 どんな写真集を作るかもね。 


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 となりの芝生 (2018-02-19 13:47)
 キレる中高年 (2018-02-14 12:40)
 小さな手と手 (2018-02-12 13:06)
 16歳へのレクイエム (2018-02-02 18:27)
 トンカツと温かい手 (2018-01-29 13:56)
 鬼の道 素通り (2018-01-27 12:36)

この記事へのコメント
なぜ9.11。1年に1度だけのメールなのでしょう?
そちらの謎解きしながらの写真集というのが希望ですね。 
オバちゃんは、なんでも知りたがるから困りますね。
Posted by 草津っ娘? at 2011年09月13日 00:24
(∇⌒ヽ) 良いお話しで
父親と小暮様の 背中を 見ていたのでしょうね

昔と変わる事なく ブレずに 生きている 小暮様ですから

何かの節目に 連絡が来るのでしょう
Posted by momotaka at 2011年09月13日 09:52
草津っ娘?さんへ


近々、新刊本を持って、先行を上げに行って来ます。
いずれ真相も、判るでしょう。


momotakaさんへ

“ブレずに” 生きて来れているんでしょうかね。
振り返るのが、怖かっただけのような気がします。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年09月13日 22:13
草津っ娘?さんへ

上記、誤りあり。
「先行」 → 「線香」 です(笑)。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年09月13日 22:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
亡友の息子② 「9.11の夜」
    コメント(4)