温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年12月22日

水上温泉 「水上館」


 昨日から水上温泉に入り込み、今日の昼まで取材活動を続けていました。
 そして昨晩は、ご厚意により 「水上館」 に泊めていただきました。


 水上館・・・

 なんとも懐かしい響きです。

 水上館の玄関ロビーを通り抜けるのは、約20年ぶりであります。
 その昔、僕は 「月刊 上州っ子」 というタウン誌の編集をしていました。
 水上館は、水上温泉で唯一のスポンサーで、毎月、本を届けに通っていたのです。

 3代目編集長として7年間たずさわりましたが、平成7年に廃刊させてしまいました。
 (読者のみなさん、ごめんなさい)

 で、今回、どうしてもそのことをお話ししたかったのです。

 そしたら、3代目社長の木村嘉男さんは、
 「えっ、本当? 上州っ子なの! うわぁ~、懐かしいな~!」
 と、それはそれは驚いてくれて、それからは、取材も忘れて、
 「こんなロゴだったよね」
 「はい、そうです」
 「表紙はこんな絵だったよね」
 「はい、そうです」
     ・
     ・
     ・
 「温かい雑誌だったよね」
 「はい、ありがとうございます」

 もう、僕は胸の奥のほうから、熱いものが込み上げてきて、言葉に詰まってしまいましたよ。

 「ありがとうございます」
 しか言えません。

 <人の心に残る雑誌を作っていたんだ>
 と、昔の自分をほめてあげたくなってしまいました。


 1時間以上も社長さんと話しこんでしまいました。
 「もう、今晩は仕事のことは忘れて、ゆっくり温泉につかって、のんびりと体を休めてください」
 と、やさしい言葉をかけられて、席を立とうとした時です。

 またも社長さんは、
 「小暮さんは、月刊 上州っ子だったんだ。懐かしいなぁ、いい雑誌だったよね。今、ああいう雑誌はないねぇ」
 と、しみじみとおっしゃってくださったのです。


 昨晩は、風呂に入っても、食事をしても、布団の中に入ってからも、ずーっとずーっと、やさしい響きをもって、社長さんの言葉が、僕を酔わせてくれました。

 本当に、ありがとうございました。

 心の奥が、ほっこりと温かくなった夜でした。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

この記事へのコメント
はじめてコメントいたします!ビール大好きの46歳。二人の子持ち、夫と二人で小さな印刷屋をしてます。毎朝、布団の中で小暮さんのブログを携帯でチェックしては、二コリと笑い一日がはじまります。「山里歩き」は読んでるだけでも楽しい…。この本を持って秋には、庚申山行ったり、水上の後閑駅で一人でおにぎり食べたりしてきました!ブログを拝見しながら温かい温泉と同じぐらい、小暮さんの優しい人柄を感じます。この時間もまだ、仕事してますが、未来形の思考で頑張ってます。
安いだけの仕事でなく、ブログのような心に残るものをつくりたい!そんなこんなで試行錯誤の毎日です。
Posted by 繭リン at 2011年12月22日 21:20
繭リンさんへ

ありがとう!
そして、はじめまして。
最近は、年のせいですかね。
繭リンさんのコメントを読んだだけでも、ウルウルしてしまいましたよ。
“未来形の思考”
いいですね。
これからも、末永くよろしくお願いいたします。
Posted by 小暮 at 2011年12月23日 00:27
はじめまして。「月刊上州っ子」で検索したらたどりつきました。

今年40歳になりました。前橋で生まれてからの13年を前橋・元総社で暮らしました。
たまに前橋に帰るとその頃の面影は(当時の行動範囲においては)もう県庁周りにしか見る事があまり出来ないのですが、倍以上の時間を別の場所で暮らしていても、根っこはまだ前橋にあります。

廃刊になった事をこのエントリで知って残念に思いましたが、毎月なにかしらないけど楽しみにしていた「月刊上州っ子」の話がネットの波の中にあったのがうれしかったです。
今はどこにしまいこんでしまったか、それとも長い時間や引っ越しの中でうっかり捨ててしまったか、荷物の多い家を見渡して途方に暮れますが、チャンスがあったらどこかで閲覧したいと思います。

とても温かいタウン誌でした。

と、月刊上州っ子話だけですみませんでしたが、ちょくちょくこのブログにも訪問させてください。
ありがとうございました。
Posted by かとっぴ部長 at 2012年11月07日 01:55
かっとび部長さんへ

こちらこそ、ありがとうございます。
「月刊 上州っ子」 を知っている、しかも現在は県外で暮らしている方からのコメントと知って、大変うれしく思いました。
思えば17年前、時代の流れに乗れず、やむなく廃刊させてしまった雑誌です。
その日から、その日暮らしのフリーライター人生が始まったのであります。
そう考えれると、上州っ子がなければ、今の僕の人生はなかったということになります。
そんな上州っ子をネットで検索して、このブログにたどり着いてくださったことに、感謝いたします。
群馬の温泉が中心のブログですが、ぜひ、また遊びに寄ってください。
これからも、よろしくお願いいたします。
Posted by 小暮 at 2012年11月07日 13:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
水上温泉 「水上館」
    コメント(4)