温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年01月14日

山田べにこさんと対談


 今日は午後より、パリッシュ出版本社(高崎市) にて、OL温泉愛好家の山田べにこさんと対談をしてきました。


 取材を受けたのは、『おとな日和』 という雑誌の特集です。
 それも4ページといいますから、ちょっぴり緊張をしました。

 だって、そもそも僕はライターですからね。
 取材をするのは慣れていますが、取材を受けるのはヘンな感じがします。
 ま、対談というのは初めてではありませんが、過去の相手は男性でした。

 でも、今回は女性です!
 それも、若い!
 しかも、美人!

 となれば、そりぁ~、テンションも血圧も上がってしまいます。


 で、対談がすぐに始まるのか思えば、
 「お2人の写真を撮りますので、並んでいただけますか?」
 と、僕は桶(おけ)、べにこさんは手拭いを持たされました。

 ポーズまでとらされて、
 「もっと、くっついてくださーい。いいですね、いいですね」
 と、またもやカメラマンのトークにのせられてしまいました。

 とにかく、僕とべにこさんの距離が近い!
 肩はくっつくわ、もう少しで頬と頬だって……
 と、かなりきわどいショットが連発です。

 あれ?
 これって、温泉の対談ですよね?

 まさか 「恋人たちのラブラブ混浴風呂」 なーんてタイトルの特集じゃないですよね?


 そんな、こんなで、スタートから僕の目じりと鼻の下はダ~ラリと下がりっぱなしで、編集者の人からは、
 「小暮さん、キャラが変わってますよ」
 と、突っ込まれる始末であります。


 対談は、たっぷり2時間。
 群馬の温泉の魅力について、深く熱く語り合ってきました。

 さすが、べにこさんです。
 いい温泉を知っていらっしゃる。
 でも、全体の流れとしては、僕とべにこさんの推薦する “いい温泉” は、ほぼ一致してしていましたね。

 ただ、一般読者には、ちょっとマニアックだったかな?

 ま、それだけ核心に触れた、いい湯談義ができたということです。


 「お疲れさまでした」
 と取材が終了したあと、べにこさんから
 「記念に一緒の写真をを撮ってもらえますか?」
 と言われて、またしてもデレデレ~と顔の筋肉がゆるんでしまいました。

 「はい、チーズ」
 パシャ!

 お恥ずかしい。
 若い娘さんと頬と頬を寄せ合って、ピースサインを年甲斐もなく出してしまいましたとさ。

 でも、あー、楽しかった。
 べにこさん、ありがとうございました。

 そして、パリッシュ出版のスタッフのみなさん、カメラマンさん、大変ご苦労さまでした。
 掲載を楽しみにしています。


 ※対談の様子は、3月上旬発行の 『おとな日和』(パリッシュ出版) に掲載されます。
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

この記事へのコメント
『綺麗な花には棘がある』です。
Posted by 毘 at 2012年01月15日 09:48
べにこさんと対談!
男の人なら、ちょい引かれるタイプなので、師匠の血圧の上がりっぷりが想像できます。
大人日和はKスーパーで入手してますが、忘れないようにしなくちゃ!
Posted by ぴー at 2012年01月15日 09:48
毘さんへ

ええ、ですから僕の人生は、いつも傷だらけですよ。
って、いうか……毘さんて、もしかして……
いえいえ、なんでもありませんって。
いつもコメント、ありがとうございます。


ぴーさんへ

僕も今から楽しみにしています。
どんだけ鼻の下がのびているのか、自分でも見ものです。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2012年01月15日 17:22
こんにちは♪

山田べにこさんとの対談記事楽しみです(^o^)v
気さくで明るい方で、愉快な方だったと記憶しています。

以前、日本秘湯に入る会の総会で建築途中の旅館の浴槽にお湯を張って皆で混浴を楽しんだ思い出があります。

次回機会があれば雑誌本社ではなく、沢渡温泉まるほん旅館とか、法師温泉長寿館、あたりの混浴での温泉対談も期待します♪
Posted by 温泉ソムリエ@旅芸人 at 2012年01月22日 09:42
温泉ソムリエ@旅芸人さんへ

はい、とっても気さくで明るくって、元気いっぱいのお嬢さんでしたよ。
僕も今から対談記事を楽しみにしています。
対談の中でも、「まるほん旅館」 と 「長寿館」 の話題は出てきます。
Posted by 小暮 at 2012年01月22日 14:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
山田べにこさんと対談
    コメント(5)