温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年06月24日

TO R


 「おい、お前も飲むか?」
 「ああ」
 「ていうか、お前にもらったビールだけどな」

 そう言って僕は、風呂上りに、2つのコップにビールを注ぎます。
 1年前から、そんな変哲もない息子との会話が、週に何度か交わされています。


 僕の息子は、平成4(1992)年生まれ。
 現在、大学の3年生。

 夜遊びをしたい年頃ですから、毎日家にいるとは限りませんが、それでも夜中にリビングで一緒になると、僕の晩酌の相手をしてくれます。
 今では、当たり前の親子の会話になっていますが、それはそれは長い間、首をなが~くして待ちに待っていた “夢の時間” だったのであります。

 男の子を持った父親なら、誰もが描く “あこがれの未来” なんじゃないでしょうかね?
 息子が成人したら、一緒に酒を飲むのって・・・

 僕も、親のはしくれです。
 夢を見ていました。


 『月刊 上州っ子』 平成4年6月号
 「読者のひろば」 というページに、「TO YOU メッセージ」 という読者からのお便りコーナーがあります。

 当時、僕は、この雑誌の編集者をしていました。
 「編集後記」 という編集者が一筆記載するコーナーもあるんですけどね。
 きっと照れくさかったんでしょうな。
 読者のふりをして、「TO YOU メッセージ」 に、こんな原稿を投稿していました。


 <TO R (息子の名前)
   はじめまして。
   君との長い人生が始まりました。
   いつの日か、酒を飲み交わす日を楽しみに待ってます。
   FROM 父>

 今日、21年前の雑誌を、なぜか書庫から引っ張りだして、しげしげと眺めていたのです。


 「あ、そうだ……、冷蔵庫の中に、ビール買っといたから」
 口数の少ない息子らしい、そっけない伝え方です。
 先週の 「父の日」 の夜のことでした。

 「おお、ありがとうよ」
 と、息子のトーンに合わせて、そっけなく返事したものの、胸の奥から込み上げてくる思いに、ついつい目頭が熱くなってしまいます。
 こんな僕でも、人の親なんですね。


 冷蔵庫の中に、息子がくれたビールは、あと残り3本。
 どうしても、もったいなくて、1人のときは飲めないんですよ。
 貧乏性ですから・・・

 「帰り、遅くなる。夕飯はいらないや」
 先ほど、階下から、家内に告げる息子の声がしました。


 なーんだ、いないのか・・・
 しょうがない、今晩は発泡酒で我慢するか・・・


 TO R
 夜遊びは、ほどほどにすること。
 FROM 父


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)
 意地悪な神様 (2018-08-13 13:40)
 介護日和 (2018-07-30 18:20)
 蚊のいない夏 (2018-07-20 17:46)
 もっと恍惚の人 (2018-07-12 11:01)
 生涯現役 (2018-07-03 11:15)

この記事へのコメント
サザンの復活や、ユーミンの「飛行機雲」が映画の主題歌になるなど、あの当時の青春時代が蘇ります(涙)

師匠の息子さんと同じ年(平成4年生まれ)の娘が、もうあの頃の小生と同じ年齢になったんなんだなあと思うと不思議な感じ。

父親として、息子が生まれて成人になったら、居酒屋でお酒をいっしょに飲みたいし、娘が生まれたら高級ホテルの最上階にあるラウンジバーでお酒を飲みたいという夢があります。

小生のところは、一人娘なので残念ながら居酒屋での呑み会は無し。

残るは、ラウンジバーでの飲み会。

もちろん、娘はドレス、小生はスーツ。

周りから、あの二人は「親子、それとも・・・」と羨望の眼差しで見られながらの飲む酒を夢見ています。

ただ、この夢が叶うのは、いつになるか分かりませんし、叶うとしたらずっと先のような気がします(涙)
Posted by ヒロ坊 at 2013年06月25日 09:30
ヒロ坊さんへ

いいじゃないですか、娘さんと2人で居酒屋だって!
うちの兄貴は、よく一人娘と飲みに出かけていますよ。

その次の楽しみは、ムコさんとの酒ですね。
すでに僕は、この夢も、叶っています。
実の息子と違って、ムコさんは気をつかってくれますよ!
「あ、お義父さん、ぼくが焼きますよ」
 なーんてね。焼肉だって焼いてくれます(息子は、何もしてくれませんけど)。
Posted by 小暮 at 2013年06月25日 17:41
我が子と酒が飲めるということは、幸せですよね。
いい息子さん。

私もビール党の父と飲みたかったけど、
未成年の時に他界してしまったんです。

でもね!長男と(現在24歳・H3生れ)一緒に時々飲んでます。
で!こいつが酒が強いんですよ。
大学の部活で鍛えたのか?コンパか?

私の父、私、そして私の旦那(超最強のビール党Sドライオンリー)
だもの、息子こそアルコール界のサラブレッド(笑)

今春、新社会人となり三鷹へ。
またまたパワーアップして
かえってくるんだろうなァ~

話は変わって…
吉田類さんみたいにジュンジュンも酒場放浪記ができそう。
縄のれんをくぐって、奥のカウンターに座っている姿が似合います。
Posted by 繭りん at 2013年06月27日 20:23
繭りんさんへ

はい、群馬の吉田類としては、当然、狙っていますよ!
でも僕の場合、“酒場” でも “居酒屋” でもなく “湯酒屋放浪記” でいきます。
温泉地の居酒屋のことです。

ところで先日、沼田のエフエムOZEに行ったら、アナウンサーから 「エフエム群馬では、“ジュンジュン” って呼ばれていましたね。私も “ジュンジュン” って呼んでいいですか?」 と言われました。
Posted by 小暮 at 2013年06月28日 01:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
TO R
    コメント(4)