温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年08月27日

鬼押温泉 「ホテル軽井沢1130」②


 <壁一面の窓ガラスいっぱいに、青空に映える雄大な浅間山がそびえている。
   眼下を見下ろせば、錦のじゅうたんを敷きつめたような紅葉の森が、あたかも雲海のように広がっていた。>
        ( 『新ぐんまの源泉一軒宿』 より)


 季節は違いますが、本来なら、絶景のパノラマを眺望する予定でした。
 ところが、昨日は一日中、雨!
 残念ながら、僕から受講生へのサプライズプレゼントとは、なりませんでした。

 昨日は月1回開催される、NHKカルチャーの温泉講座日。
 僕は、6年前から講師をしています。
 今年度は、奇数月は県外の名湯、偶数月は県内の秘湯を訪ねています。

 で、昨日は、嬬恋村にある鬼押(おにおし)温泉 「ホテル軽井沢1130」 へ行ってきました。

 鬼押温泉は、群馬県民でも知る人ぞ知る一軒宿の温泉です。
 実は、5年前(2009年) に出版した拙著 『ぐんまの源泉一軒宿』(上毛新聞社) には、掲載されていません。
 今年4月に改訂版として出版した 『新ぐんまの源泉一軒宿』(同) で、初めて取材・掲載をしました。
 それには理由があったのです。
 ※(掲載にいたる理由は、当ブログの2013年11月8日「鬼押温泉 ホテル軽井沢1130」参照)


 雨の中、高崎駅と前橋駅を出発したバスは、一路、嬬恋村を目指します。
 東吾妻町の八ッ場(やんば)ダム建設予定地を通過!
 は、しないで休憩と視察を兼ねて、八ッ場ダム建設に伴い住民のために掘削された温泉 「天狗の湯」 に立ち寄りました。
 ま、温泉好きの団体ですから、時間があればムダなく入浴するのであります。

 「天狗の湯」 を出る頃には、雨はいよいよ本降りに。
 土砂降りの北軽井沢に到着しました。


 標高1,130メートル、高原の大自然の中に建つリゾートホテルです。
 気温18度。涼しいを通り越して、少し肌寒いくらいです。
 でも僕らには、極上の温泉が待っています!

 泉質は、ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩温泉。
 群馬県内では、ここ浅間山と赤城山周辺に見られる泉質です。
 皮膚の角質をやわらかくして、余分な皮脂や分泌物を洗い流して肌をなめらかにすることから、「美人の湯」「美肌の湯」 などと呼ばれています。

 この日の湯は、黄褐色ににごっていました。
 鉄分を多く含んでいるため、キシキシとした浴感がしますが、湯上がりはサラッとしていて、とても清涼感があります。


 「先生、今回もいい湯でしたね」
 「肌が、ツルツルになりました」
 「もう一度、季節を変えて来ましょうよ」
 と、受講生たちからも大変好評でした。

 これで天気が良ければ、100点満点の講座だったんですけどね。
 でも、これだけは選べません。


 来月は、信州の名湯を訪ねます。
 受講生のみなさん、それまでお元気で、ごきげんよう!
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鬼押温泉 「ホテル軽井沢1130」②
    コメント(0)