温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年10月24日

片品温泉 「さつき荘」


 「うちの自慢は、お湯だけですよ」
 開口一番、3代目女将の鏑木恵さんは、そう言うのでした。

 ああ、僕は、もうそれだけでシビレテしまうのです。
 だって、“湯” あっての温泉宿ですものね。
 湯を自慢できるって、何より素晴らしいことです。
 (湯に自信のない宿ほど、設備や料理、サービスを自慢したがるものです)

 宿は、片品温泉街のちょうど真ん中あたり。
 国道から尾瀬岩鞍スキー場 (現在の正しい名称は、「ホワイトワールド尾瀬岩鞍」 です) へ向かう道の入口にあります。
 急坂をひと登りすると、赤い屋根にピンク色の外壁をしたロッジ風の建物が現れます。

 宿の創業は、スキー場がオープンした昭和49(1974)年。
 “ゲレンデに一番近い温泉宿” のキャッチコピーで、オープンしました。


 女将さんに、いろいろ聞きたいこともあるのですが、そんだけ自慢されれば、もう、居ても立ってもいられませんって。
 まずは、その “自慢の湯” とやらを、ご相伴に預かることにしました。

 浴室は、内風呂が男女各1つずつあるだけ。
 (湯が自慢の宿は、たいがい露天風呂はありません)
 浴槽は、大きからず、小さからず。
 壁も床も浴槽も、すべてタイル張りで、清潔感にあふれています。

 サイズは、タテ2メートル×ヨコ4メートルくらいでしょうか。
 湯を給湯する 「湯口」 は、向かって右奥にあります。
 源泉の温度が約52度もありますから、この時季はまだ、だいぶ湯量を絞り込んでいます。
 それでも、手前の湯縁からは、サラサラとせせらぎのような澄んだ湯が、かけ流されていました。

 サイズ、よし!
 湯量、よし!
 理想的な浴槽の造りをしています。

 案の定、左手前の湯はぬるく、右奥へ進むに連れて湯の温度は熱くなっていました。

 泉質のアルカリ性単純温泉は、ごまかしのきかない “湯” であります。
 加水すれば、特有の “ぬめり” が薄まってしまうからです。
 さらに、こちらの温泉分析表をみれば、アルカリ度を示すpHは9.2もある強アルカリ性。
 しかも、メタケイ酸の含有量が111mgもあります。

 ちなみにメタケイ酸は、保湿力に優れ、美肌効果が高く、化粧品などに配合されている成分です。
 その効果は、100mg以上で発揮されるといわれています。

 う~~~ん、この全身にまとわり付くような浴感!
 そして、全身を粘膜のように包み込む圧倒的な存在感!

 女将さんが、「うちの自慢は、お湯だけ」 と言い切るだけのことはあります。

 でも、そう言い切る女将さんこそが、宿一番の自慢だと思いますよ。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 川古温泉 「浜屋旅館」⑧ (2018-12-13 10:32)
 尻焼温泉 「星ヶ岡山荘」 (2018-11-28 11:59)
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
片品温泉 「さつき荘」
    コメント(0)