温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年04月17日

大蛇奉納


 「セイヤー! セイヤー!」
 威勢のいいかけ声とともに、夜の温泉街を大蛇みこしが練り歩く勇壮、かつ幽玄神秘な祭り。

 ご存知、老神(おいがみ)温泉の 『大蛇まつり』 です。
 今年も来月、5月8日(金) と9日(土) に開催されます。

 では、なんで老神温泉では、大蛇のみこしを担ぐのでしょうか?


 こんな伝説があります。
 その昔、赤城山の神(ヘビ) と日光男体山の神(ムカデ) が戦ったおり、傷ついた赤城の神がこの地で矢を地面に突き立てると、そこから湯が湧き出したといいます。
 その湯に浸かり、傷を癒やした赤城の神は、陣を立て直し、日光の神を追い返したことから「追い神」、やがて 「老神」 と呼ぶようになったとのことです。


 と、いうことで老神温泉の赤城神社では、昔から守り神として大蛇が祀られているのです。


 で、今日、その大蛇みこしが奉納される展示館の落成式が行われました。
 全長が108.22mもあり、世界一長い祭り用のヘビとしてギネスにも認定されています。

 ただし、この一番巨大な大蛇みこし(何体かあります) は、12年に1度、巳年の年にしか担がれないため、なかなか一般の人はお目にかかれませんでした。
 そこで、一年中いつでも観光客に見てもらえるようにと造られたのが、展示館です。

 僕は今回、老神温泉の全宿を取材して本を書いた著者ということもあり、式典に招待されました。


 いやいや、間近で見ると凄い迫力ですね。
 僕は、実物を見るのは、これで2回目なんですけどね。
 やっぱり、大きいです。

 展示館の場所は、温泉街にある利根観光会館前(朝市会場) です。
 ガラス張りの建物なので、いつでも見物することができます。
 ぜひ、お出かけください。



      老神温泉 大蛇まつり

 ●期間   毎年5月のゴールデンウィーク明けの金・土曜日
        ※(今年は5月8日、9日)
 ●会場   赤城神社、温泉街
 ●催事   御神湯守の儀、太鼓団蛇陣、若衆みこし、子どもみこし
 ●問合   老神温泉観光協会 TEL.0278-56-3013
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大蛇奉納
    コメント(0)