温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年08月21日

夢の架け橋


 昨日は、月に1回の役員会議日でした。
 僕は、NPO法人『湯治乃邑(くに)』 の代表理事をしています。

 いつもは高崎市街地にある事務所で、昼間に行われるのですが、昨晩は “暑気払い” を兼ねて、駅前の居酒屋で行いました。


 生ビールで乾杯をした後、この半年間の活動を振り返りました。
 設立は今年の1月。まだ産声を上げたばかりの、赤ちゃん団体です。
 でも志だけは熱く、いくつもの案件に着手しています。

 その中に、「夢の架け橋事業」 というのがあります。
 これも、僕らがかかげる “湯治場再生プロジェクト” の一環です。

 夢の架け橋、とは?

 浅間隠(あさまかくし)温泉郷(群馬県東吾妻町) には、3つの温泉地があります。
 薬師温泉、鳩ノ湯温泉、温川(ぬるがわ)温泉です。
 そして、そのすべてが一軒宿です。

 温泉郷といっても、源泉の異なる3軒の宿が、温川という清流をはさんで肩を寄せ合うようにたたずんでいます。
 どの温泉も約300年の歴史を持つ、古湯です。
 かつては、江戸と信州を結ぶ裏街道にある湯治場として栄えていました。

 現在、3つの温泉地は同じ集落にあるのに、身近な橋がないため、住民たちはとても不便を強いられています。
 そこで我々が、地域住民と手を合わせて、手軽に行き来ができる木の簡易橋を架けることになったのです。

 すでに、地主さんの協力のもと、山から木を切り出しました。
 いよいよ、“夢の架け橋” の製作です。


 「今後とも、よろしくお願いします」
 僕ら役員たちは、もう一度、乾杯をして、志を新たにしたのであります。

“夢の架け橋” 支援金は下記から



  

同じカテゴリー(湯治乃邑)の記事画像
1周年記念パネルディスカッション
温泉が消えていく!
同じカテゴリー(湯治乃邑)の記事
 さらば、浮き草暮らし (2018-10-20 12:22)
 第3回 公開パネルディスカッション (2018-10-05 20:53)
 パネディス、今年も開催します! (2018-08-22 18:11)
 コラム 『湯治ふたたび』 (2017-09-28 14:02)
 湯治場の復活を考える② (2017-09-09 13:00)
 第2回 公開パネルディスカッション (2017-08-17 14:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
夢の架け橋
    コメント(0)