温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2019年02月06日

元気なシニアに温泉を!


 先月、自己最長記録となる “3時間” の講演を経験しているからでしょうか?
 今日の2時間のセミナーは、あっという間でした。

 僕は、かれこれ10年前から、ライフワークとして 「出張温泉講話」 の活動を行っています。
 依頼主は、企業だったり団体だったり、自治体からだったりさまざまです。
 でも、ここ数年は、公民館主催による高齢者を対象としたセミナーの講師に呼ばれることが多くなりました。
 「熟年講座」 「元気講座」 「長寿教室」 「いきいきセミナー」 など、名称は各公民館によって異なりますが、内容はほぼ同じです。
 地域のお年寄りを元気にするセミナーです。
 で、僕は温泉の上手な利用の仕方や効能などを、わかりやすく説明しています。


 今日の午前中、高崎市内の公民館からの依頼により、シニアのための温泉講座を開いてきました。
 公民館事業の場合、通常は会場も公民館のホールや会議室で行うのですが、今回は違いました。
 同区域内にある 「長寿センター」 の大広間でした。

 長寿センターとは、地域のお年寄りが無料で自由に利用できる施設です。
 しかも高崎市の場合、市内に11ヶ所もあり、すべてに入浴施設(大浴場) が併設されています。
 この利用も無料です。
 だから大人気で、9時半のオープン前から入館待ちをしている人が毎日いるそうです。

 で、その利用資格年齢ですが、聞いてビックリ!
 “60歳以上” ですって!!
 ガッビーーーーーン!!!!
 ぼ、ぼ、僕も利用資格があるということなんです(地域住民ではないので、実際には利用できませんが、年齢だけはクリアしています)。

 入口に貼られている告知が、これまた刺激的です。
 <60歳未満の入館を禁ず>
 す、す、凄過ぎる~!
 ここは、シニアパラダイスなのです。


 そして、セミナーでもシニアパワーが炸裂。
 事前申込の定員を20名も超える大盛況となりました。
 「参りました。当日の駆け込み参加の人が多くて」
 と、職員も大あわてで、足りなくなった資料の増刷コピーに追われていました。

 そんな、うれしい誤算もあり、予定より5分遅れて開講しました。
 対象が60歳以上とはいっても、実際の聴講者の年齢は70~80代の人が大半です。
 まあ、僕からみたら人生の大先輩たちです。
 ということは、残りの人生は僕より短いわけで。
 だったら、教えちゃいましょう!
 “残り少ない人生で、死ぬまでに一度は入りたい温泉” を!!

 とかなんとか、毒蝮三太夫さながらのネタを織り込みながら、楽しい2時間を過ごしてまいりました。

 聴講者の中には、僕の著書を持参してくださった人もいて、終演後には、ミニサイン会をさせていただきました。
 寒い中、大勢の方々に集まっていただき、ありがとうございました。
 また、素敵な会場を用意してくださった職員のみなさん、お疲れさまでした。
 そして、ありがとうございます。


 群馬県内のシニアのみなさん!
 待っていてくださいね。
 今度は、あなたの町へ、“温泉大使” がお邪魔しますよ!


同じカテゴリー(講演・セミナー)の記事
 出張講演 <後編> 昼に舞う (2019-01-21 12:23)
 出張講演 <前編> 夜に翔ぶ (2019-01-20 11:37)
 一番いい温泉は、どこですか? (2018-09-03 19:38)
 公民館めぐり (2018-08-24 18:30)
 やっぱり温泉といえば群馬なのです (2018-07-27 14:29)
 ライターとして大使として (2018-06-28 21:21)

この記事へのコメント
小暮温泉大使殿、是非みなかみ町へお越し下さいませ。この希望は以前から言っている「シニア」の私ですが、実現するためには一体誰に(みなかみ町の)お願いすれば良いのか? みなかみ町の温泉大使であります小暮淳さんを毎年「温泉考座」で呼びましょうよ。呼ぶのが当たり前、何の為の「温泉大使」なの? 「湯の国ぐんま」‥最低限の温泉に対する知識と誇りを持ちたいものです。小暮先生、どうかみなかみ町を見捨てないで下さいね。宜しくお願い致します。
Posted by 水上のなべちゃん at 2019年02月07日 19:18
水上のなべちゃんへ

ですよね。
「みなかみ温泉大使」 なんですものね。
以前は、イベントの際に 「温泉考座」 を開いてくれていたんですけど……。
ぜひ、観光協会に直訴してみてください。
僕からも提案しておきます。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2019年02月08日 11:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
元気なシニアに温泉を!
    コメント(2)