温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年12月29日

納詣のすすめ⑥ コロナ禍だからこそ


 今年も納詣 (のうもうで) を済ませました。

 「納詣」 とは?
 これは僕の造語なのですが、かれこれ20年近く続けています。

 新年に神社仏閣へ参拝するのが 「初詣」 です。
 でも 「納詣」 は年内に行います。
 「初詣」 は神様に願い事をしますが、「納詣」 は神様に一年間の成果を報告します。
 ※(詳しくは当ブログの2010年10月27日「納詣のすすめ」参照)


 なんでも今年はコロナの影響で、「幸先詣(さいさきもうで)」 というのが、ひそかにブームなんですってね。
 神社側も、密を避けて、年内に早めに初詣を済ませてもらう “分散参拝” をすすめています。
 「幸先よく、新年を迎えよう!」
 ていうことのようです。

 でも僕が長年行っている 「納詣」 は、この 「幸先詣」 とは、主旨がまったく異なります。
 願をかける初詣の前倒し行事ではありません。
 一年間の自分を自分なりに評価し、その成果を報告する儀式なのであります。

 言い方を変えれば、初詣は、無責任な願い事の言いっぱなし状態。
 願い事だけをして、その結果報告もせず、翌年も願い事をする。
 ともすれば、一年前の願い事が叶ったかどうかすら忘れています。


 これは、いかん!
 願い事が神様任せになってる!
 ちゃんと成就させ、その過程をちゃんと報告しなければ!

 という懺悔の思いから始めたのが、この 「納詣」 であります。


 年末のこの時期は、どこの神社仏閣も閑散としています。
 まして今年は、新型コロナウイルスの感染拡大で、外出の自粛が叫ばれています。

 そんなコロナで始まり、コロナで終わろうとしている一年ですが、決して悪い事ばかりではなかったと思います。
 たぶん、今年の初めにした願い事は半分も叶わなかった人が多いかと思います。
 それでも、報告に行きましょうよ。

 小さな成果でもいいんです。
 頑張った自分を一年の終わりに、ほめてあげましょう!


 今年も余すところ、今日を含めて3日です。
 神様は報告を待っていますよ。

 さあ、納詣に行きましょう!
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 肩書のない四半世紀 (2021-01-14 12:58)
 我が道のゆくえ (2021-01-13 11:31)
 虹色の輝きは魔法のおまじない (2021-01-11 12:30)
 ウイズコロナは悲喜こもごも (2021-01-10 12:13)
 音のない街 (2021-01-08 11:15)
 自粛+不安=少子化 (2021-01-07 12:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
納詣のすすめ⑥ コロナ禍だからこそ
    コメント(0)