温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2021年01月25日

干支は寝たか?


 今年の干支は、「丑」 です。

 僕は毎年、年賀状には、その年の干支にまつわる 「ことわざ」 や 「四字熟語」 をビッシリと書き込んでいます。
 たとえば今年なら、「丑」 の文字を大きく印刷し、その中に、「牛」 に関係する言葉をちりばめています。

 牛に引かれて善光寺詣り、牛は牛づれ馬は馬づれ……
 牛飲馬食、牛刀割鶏、蝸牛角上……

 見た目は、言葉で干支の漢字を書いたような仕上がりです。


 ところで、“牛” といえば、この時季、思い出すのは、「赤城の寝牛」 です。

 これは、地域限定のミステリーアート!
 晩秋から冬にかけて、僕が暮らしている前橋市からのみ鑑賞できる自然が織りなす巨大な芸術です。

 群馬県の中央に鎮座する名峰、赤城山。
 その赤城山は、いくつもの峰が集まり、1つの山を成しています。
 前橋市から見て、一番手前の峰が、鍋割山(なべわりやま)です。

 その鍋割山に西日が当たると、東側に影を伸ばします。
 頭が出て、角が伸びます。
 その影は、短すぎても、長すぎても、牛の姿になりません。

 天気の良い、夕方4時頃がベストです。
 が、時々刻々と姿を変えるため、完璧な姿を見られるのは、年に数えるほどしかありません。

 完成された 「寝牛」 は、見事!
 まさに、どっしりとした大きな牛が、横たわった姿に見えます。

 地元では、しばしば、どこから見る寝牛の完成度が高いか?が話題になります。
 利根川周辺、県庁舎ビルの最上階という人もいれば、JR両毛線の前橋大島駅~駒形駅の間という人もいます。


 実は、僕の仕事部屋からも見えるんです。
 ただ、今年は、まだ一度も見ていません。
 「あっ、そうだった!」
 と気づいて見た時には、いつも時すでに遅し……。

 ですから、前橋市内に暮らしていても、見たという人は、本当に稀なんですね。


 その昔は、農作業を終える目安にしたそうです。
 「ほうれ、寝牛が出たぞ。はあ、終わりにするんべえ」
 ってね。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 エスカレートする不機嫌な大人たち (2021-03-03 12:50)
 もしも誰かと入れ替われるなら…… (2021-03-02 10:57)
 カメラマンの目 (2021-02-21 11:48)
 コロナに惑う子どもたち (2021-02-20 12:13)
 小銭のぬくもり (2021-02-15 13:29)
 ハナシのハナシ (2021-02-14 11:28)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
干支は寝たか?
    コメント(0)