温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年02月19日

倉渕川浦温泉「はまゆう山荘」

 昨日に引き続き、「ちいきしんぶん」(ライフケア群栄)の取材で、旧倉渕村の「はまゆう山荘」へ行って来ました。開口一番、「昨年は、大変お世話になりました」と副支配人の塚越育法さんに、お礼の先を越されてしまいました。昨年は、春に本の取材と秋に雑誌の取材で、お邪魔しました。塚越さんはお忙しい方なのに、いつもきちんと資料を用意してくれて、無理な取材にも快く応じてくれ、大変感謝しています。

 「倉渕川浦温泉」と言っても、まだまだ分らない人が多いようですね。必ず「はまゆう山荘って、温泉だったの?」とか「以前は温泉じゃなかったの?」と、聞き返す人がほとんどです。
 昨年の3月に温泉宿としてリニューアルした、群馬県内で一番新しい一軒宿の温泉地(宿泊施設のある)です。掘り当てた湯は、黄金色した45度の高温泉。泉質は、西上州では珍しいナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉。三種混合の湯といわれ、成分が濃いわりには欲感がやさしいのが特徴です。源泉で顔を洗うと、皮膚がやわらかくなり、モチモチっとした肌になると、早くも女性客に評判です。

 宿の名に、浜木綿(はまゆう)という海辺の植物の名前が付いているのかというと、旧倉渕村と横須賀市が友好都市関係にあったため、昭和62年に横須賀市民休養村として設立されたからです。なぜ友好都市を結んだのかといえば、かの小栗上野介忠順(おぐりこうずけのすけただまさ)つながりです。

 現在は高崎市なので、横須賀市民と高崎市民には、宿泊・入浴ともに割引があります(そもそも安いのに)。
 まさに高崎の奥座敷です。高崎市民の方は、大いに活用してください。

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 川古温泉 「浜屋旅館」⑧ (2018-12-13 10:32)
 尻焼温泉 「星ヶ岡山荘」 (2018-11-28 11:59)
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
倉渕川浦温泉「はまゆう山荘」
    コメント(0)