温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年03月08日

安全な温泉 あぶない温泉

 2002年の夏、宮崎県日向市の温泉施設で起きた、レジオネラ菌集団感染の事件は、まだ記憶に新しいと思います。被害者総数およそ300人、死者7人という未曾有の大惨事でした。保健所が立ち入り調査したところ、循環風呂にもかかわらず、浴槽の残留塩素濃度がゼロだったという事実も後日判明。つまり、まったく殺菌がきれていなかったということです。
 この事件によって、「循環風呂」という言葉が、一般の人にも知れ渡り、「循環風呂は危ない」という不信感を持つようになってしまいました。でも、あぶないのは循環風呂だけではない。かけ流し風呂にも、レジオネラ菌は発生する!と警鐘を鳴らしている本がありました。中澤克之・著『安全な温泉 あぶない温泉』(草思社)です。

 私たちは温泉を語るとき、泉質や湯量など、ついつい源泉の良し悪しばかりに気をとられがちで、なかなか実際に入浴する浴槽内の湯の状態というものに無頓着だったようです。全国の温泉の7割がレジオネラ菌に汚染されているという事実。それゆえに塩素消毒が必要とされている現状。
 著者の中澤さんは、実際に消毒業務を行っている温泉衛生コンサルタントです。ちまたには温泉地や温泉旅館を紹介する本はあまたとありますが(僕も書いてます)、浴槽を清掃・消毒する業者の立場から書いた温泉本は、大変珍しいと思います。これだけ温泉をめぐっている僕でさえ、清掃と消毒の現場については知らないことばかりでした。まさに目からうろこの温泉本です。

 中澤さんは著書の中で、こんなことを言っています。
 「レジオネラ菌は、湖、沼、湿地、土壌に発生する菌で、昔のように森林が豊かであったら、レジオネラ菌は誕生しなかったのではないか…」と。
 緑地の砂漠化、森林の伐採により、樹木が発するフィトンチッドが減少しているといいます。フィトンチッドのもつ殺菌力の低下が、レジオネラ菌の繁殖を引き起こしたのではないかと、中澤さんは推測しています。でも、確かに昔の山のいで湯の小さな浴場では、起こらなかった現代の感染病です。

 塩素漬けの温泉もいただけませんが、レジオネラ菌の繁殖は死亡事故につながる大問題です。
 安全で、清潔で、新鮮な湯が、豊富に浴槽内で使われている温泉……。
 僕の新たな温泉めぐりのテーマになりました。

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 金は出すが口は出さぬ (2018-12-02 13:37)
 美肌と温泉と空っ風 (2018-11-21 14:10)
 冬はニオイに御用心! (2018-10-17 13:02)
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
安全な温泉 あぶない温泉
    コメント(0)