温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年01月16日

八束山の怪


 今日の上毛新聞23面に、奇妙な記事を見つけました。

 <高崎・八束山>
 <案内テープ連続被害>
 <いたずらか はぎ取り>

 八束山(やつかやま) の標高は452.3メートル。
 旧吉井町(高崎市) にある 「吉井三山」 の1つです。


 僕の著書 『ぐんまの里山 てくてく歩き』(上毛新聞社) でも、紹介しています。

 <その姿が牛が横になった形に似ている牛伏山。山容が女性の寝姿に似ていることから別名 「多胡美人」 とも言われる朝日岳。そして2つの山の中央にそびえる八束山だ。>

 国指定特別史跡 「多胡碑(たごひ)」 に書かれている羊太夫(ひつじだゆう) の居城と伝えられていることから、地元では 「城山」 の名で親しまれている里山です。

 で、その八束山の登山道の樹木に巻いてある道案内のテープ約100個が、何者かにより、すべてはぎ取られてしまったといいます。
 それも、付けても、付けても、はがされて、計3回も被害が続いているとのこと。
 これは、ただ事ではありませんぞ!

 犯人は、いったい何のために、テープをはがしているのでしょうか?


 いたずらにしては、巻くそばから取られています。
 それも、昨年の秋以降から短期間に3回です。

 はがされたテープは、山頂付近に捨てられていたといいます。
 これは犯人からの意図的なメッセージを感じます。


 まず犯人は、近在の人だと思います。
 それもライフワーク的に、八束山を登っている人ですな。
 そして、「ここはオレの庭だぞ!」 といった縄張り意識が強い人なんでしょうね。

 地元のボランティア団体の方々が、安全のために巻いたテープさえ、「美観を損ねる!」 と考えているようです。

 でも犯人さん、あなたも山を愛する人なら分かるでしょうが、あのテープがあるだけで、登山者は安心するんですよ。
 低山だからって、遭難しないとは限りません。

 いたずらではなく、他にメッセージがあるならば、しかるべき場で意思表明したらいかがですか。
 テープをはがした理由を、ぜひ知りたいものです。


 と、ここまでは犯人が “人間” であるという想定の話です。

 実は、八束山の尾根つづきには浅間山(278m) があり、この山の山頂には 「天狗松」 という大きな老松があります。
 その昔、天狗が棲んでいたという伝説が残っています。

 もし、犯人が天狗だったとしたら、それこそ、人間たちへの強いメッセージが込められているような気がするのですが・・・
 「この山に入るではない!」
 ってね。

 はたして、この怪事件は、人間の仕業なのか? 天狗からの啓示なのか?


同じカテゴリー(著書関連)の記事
 山頂に立つ (2018-06-14 11:00)
 ディレクター魂 (2018-06-07 15:38)
 どこかで 誰かが⑨ ディレクター (2018-05-29 11:18)
 不自由なれど (2018-05-21 13:34)
 読者の目 (2018-04-27 12:09)
 どこかで 誰かが⑦ 写真 (2018-01-31 12:21)

この記事へのコメント
小倉さま、はじめまして。

てくてく歩きの本、持ってます!
とても重宝しております。

近々、牛伏山に行こうと思ってます。
本に掲載されている地図、コピーして持っていきます(^^)

また、あのような里山巡りの本書いていただきたいなぁー♪
Posted by ぐんまちゃん at 2014年01月18日 19:35
ぐんまちゃんへ

はじめまして。
本のお買い上げ、誠にありがとうございます。

続編の件、出版元からは再三、話があるのですが、ご存知のように手間ヒマかかる本なので、なかなか書き下ろしというわけにはいきません。
まずは、どこかの雑誌か新聞に連載しないと……。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年01月19日 01:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
八束山の怪
    コメント(2)