温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年03月26日

「温泉考座」 1周年


 毎週水曜日、朝日新聞の群馬版に連載している 『小暮淳の温泉考座』。
 おかげさまで、本日の掲載で満1年となりました。
 これもひとえに、読者および担当編集者のおかげです。
 お礼を申し上げます。

 いつもありがとうございます。


 連載のスタートは、昨年の4月3日。
 2年間続いた 『湯守の女房』 というドキュメントエッセーの連載が終了し、その後続コラムとして始まりました。

 「僕は本社へ異動することになりました。今までのようにカメラマンとして同行することができません。ついては、『湯守の女房』 に代わるコラムを書いていただけませんでしょうか?」
 昨年の今頃、突然、担当者 I さんが転勤することになりました。
 「代わるコラム? 何を書けばいいの?」
 「小暮さんが講演やセミナーで話していることですよ。読者が、アッと驚くトリビアのネタを毎回書いてくれませんか?」

 と、いうことで書き出したのが 『小暮淳の温泉考座』 でした。


 前回の 『湯守の女房』 は月2回、隔週の掲載でしたから多少余裕もありましたが、今回は毎週連載です。
 「大丈夫かな? 週刊のコラムは初めてですよ」
 と言えば、
 「小暮さんなら書けますよ。いつも取材中に僕に話してくれた温泉ウンチクをそのまま書いてください」
 とかなんとか、おだてられて1年が過ぎました。

 今日、3月26日のテーマは 「なぜ、温泉まんじゅうは茶色いのか?」。
 伊香保温泉が発祥の地といわれている、まんじゅうの話です。
 掲載回数は、第44回となりました。

 う~ん、44回かぁ~・・・
 と、つくづく今日の紙面を眺めてしまいました。
 なんとなく書いてきたけど、温泉のネタって、まだあるのかなぁ~・・・
 せめて100回までは連載をつづけたいけど、大丈夫だろうか?

 とか、1年間を振り返りつつ、感慨にふけっていました。


 さて、来週からは、いよいよ2年目に突入です!
 楽しくて、ためになる温泉の話。
 群馬の温泉が大好きになる、とっておきのこぼれ話を、まだまだ読者へ届けたいと思います。

 これからも末永くご愛読くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
 

同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 3つのキーワード (2017-12-11 14:42)
 冠を正す (2017-12-09 12:29)
 新連載 『ぐんま湯けむり浪漫』 (2017-05-14 13:03)
 おかげさまで2,000話達成! (2017-04-29 20:42)
 終わりのない旅が終わるとき (2017-04-05 11:16)
 おかげさまで70万アクセス (2017-03-10 12:20)

この記事へのコメント
スキーの後に温泉に浸かる。これこそ日本的なスキースノボツアーだと外国の人に豪語していますが、その辺についてコメント下さい。
Posted by マサガタ at 2014年03月27日 13:04
マサガタさんへ

日本的=群馬的、と言ってもいいかもしれませんね。
水上や片品の温泉地は、戦後、スキーヤーの増加とともに発展しました。
近年はスキー人口の減少と、日帰りをする人が増えたことにより、「昔ほどスキーヤーが来なくなった」 と言いますが、そのぶん、アウトドアスポーツの多様化により、オールシーズン宿泊客が増えている温泉地もあります。
いずれにせよ、スポーツと温泉は大変相性がいいのです。
いい汗かいて、体を癒やす!
これからも外国の人に、ジャンジャン自慢してください。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年03月27日 19:51
どうも。その意味では野沢温泉がベストですね。
Posted by マサガタ at 2014年03月28日 12:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「温泉考座」 1周年
    コメント(3)