温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年06月06日

ありのままの白


 読者のみなさんに、報告があります。
 このブログにも時々登場する我が家の長男(24歳) が、先月、結婚しました。

 !(ビックリ)
 ! ! (驚き)
 ! ! ! (おったまげ)


 3ヶ月ほど前の深夜のこと。
 家族は滅多に訪ねて来ない、我が家2階の仕事場に、ノックの音が……。

 「ちょっと、いいかな?」
 夜中に帰って来るなり、息子が真面目な顔をして入ってきました。
 「なんだい? こんな時間に?」
 「オレ、結婚することにしたから」
 「えっ、いま、なんて言った?」
 「結婚するよ」
 「……」
 あ然とする僕。

 「だからさ、今度、彼女に会ってほしいんだ。それと、向こうの両親にも」
 「……」
 きっと僕は、鳩が豆鉄砲をくらったような顔をしていたに違いありません。

 「かあさんには言ったのか?」
 「うん、たった今」
 「だって、かあさんは寝ているだろう?」
 「だから起こして」
 彼は、よっぽど意を決していたようです。

 「で、なんだって?」
 「不機嫌だった」
 だろうな。家内にしてみれば、まさに “寝耳に水” の状態であります。

 「わかったよ。また、ゆっくり話そう」
 「でも、もう決めたから」
 その夜は、ものの数分で親子の会話は終わりました。


 でも、それからが早かった!
 翌週には、相手の女性がやって来て、翌々週には両家が会うことになり、「よろしくお願いいたします」「こちらこそ、お願いいたします」 と、祝いの儀が整ったのであります。

 人の縁とは、不思議なものです。
 人生とは、まったくもって筋書きのないドラマであります。
 思えば僕の人生は、その繰り返しです。
 来るものは、こばまず。
 時の流れに、身をまかすだけ。

 我が家は、またまた家族が増えてしまいました。


 で、息子の結婚を機に、僕は髪の毛を染めるのをやめました。
 えっ、何の脈絡があるのかって?
 ええ、なんだか急に、人生にあらがうのがイヤになってしまったんですね。
 ありのままでいようと……。

 長女も嫁ぎ、長男も所帯を持った。
 残るは、高校生の次女だけです。
 「おとうさんさ、髪を染めるのやめようと思うんだけど、いいかな?」
 恐る恐る訊くと、
 「わたしには関係ないし。好きにしたら。ただし、友達の前には現れないでよね」
 と、快諾(?) してくれました。

 そもそも僕が髪を染めているのは、次女とは11歳離れた長女の助言があったからなのです。
 「私たちはいいけどさ、チビ(次女) が可哀想だから、若くいてあげて」


 長男の結婚から1ヶ月が経ちました。
 僕の髪も、ありのままの白に近づいています。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)
 風のルーツ (2018-10-26 18:01)
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)

この記事へのコメント
髪の毛、あるだけええがな
まぁ、私もありのまま、被り物はしてまへん(笑)
Posted by 野兎 at 2016年06月06日 16:00
野兎さんへ

ありのままでいられるということは、自分に自信があるということです。
髪の毛なんて、あってもなくてもいいんです。
胸毛やギャランドゥと同じですよ。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年06月07日 10:48
長男クン、ご結婚おめでとうございます!

ビックリ!驚き!おったまげデス~(^^)v
Posted by ふみひこ at 2016年06月11日 17:47
おめっとさんです
24歳ならうちの長男と同じくらいだわ
ちなみにうちの長女も先月入籍したのです
こちらは27歳ですが・・・

そうそう先日 兄貴のWちゃんに「H」で会いましたよ
Posted by 前んちの子 at 2016年06月12日 11:20
ふみひこさんへ

ありがとうございます。
まさに、おったまげです!
子どもたちが次々と巣立って行く姿を見て、自分が老いたことを改めて知らされました。


前んちの子さんへ

ありがとうございます。
そして長女さんのご結婚、おめでとうございます。
我が家の長女の息子は、早くも来年小学校に入学します。
月日の経つのは、実に早いものですなぁ~。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年06月13日 14:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ありのままの白
    コメント(5)