温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年12月27日

赤兎馬の酔夢③ すべてはここから


 高崎駅、西口。
 駅前通りに面した雑居ビルの2階。
 居酒屋 『楽縁(たのえん)』。
 幻の芋焼酎 「赤兎馬(せきとば)」 が飲める店です。
 ※(赤兎馬については、当ブログの2014年7月14日 「赤兎馬の酔夢」 を参照)

 すべては、ここから始まりました。


 「カンパ~イ!」
 「本当に、ここまで来ましたね」
 「わずか半年前ですよ。こうやって4人が初めて顔を合わせたのは!」
 「縁とは、そんなものなんでしょうね」

 まさに、出会いと情熱が生んだ今年の総決算であります。


 半年前、ここで4人は会いました。
 きっかけは、今年の5月に前橋市のホテルで開催された僕の講演会でした。
 そのときの講演内容に賛同した1人が声をかけて、4人が集まりました。
 そして、ここで酔いながら生まれたのが、NPO法人 「湯治乃邑(くに)」 設立話でした。
 ※(誕生までの詳細は、当ブログ2014年12月11日 「湯治乃邑・群馬」 を参照)

 「すべては、ここから始まったんですよ」
 「ね、マスター?」

 「ええ、そうでしたね」
 と、微笑みながら料理の腕をふるうマスターは、僕らの良き理解者でもあります。

 今日のメニューは、いつもの 「塩もつ煮」 のスペシャルバージョンで、「牛塩もつ鍋」 です。
 やはり、ここに来たら 「塩もつ」 と 「赤兎馬」 であります。

 ツーンと鼻に抜ける芳醇な香りと、飲み干したあとに口の中に残るほのかな甘み!
 たまりませーん!
 1杯が2杯、2杯が3杯・・・と杯を重ねるごとに、旨みが増していきます。
 当然、酔いも増します。


 「いくつになっても青春ってあるんですね」
 「夢は追いかけるものだね」
 「これからが大変だけどね」
 「でも、やりがいがありますよ」

 「来年もよろしくお願いしまーす!」
 「もう一度、カンパ~イ!」

 すべては、ここから始まりました。
 赤兎馬の酔夢とともに・・・
  

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 不要不急に物申す! (2021-01-16 12:20)
 レバニラは青春の味なのだ! (2020-12-23 11:58)
 千里を走る馬に乗って (2020-12-01 13:53)
 はあ、おっぺしたん? (2020-11-12 11:50)
 しあわせの記帳音 (2020-10-07 10:22)
 戒厳令の夜明け (2020-06-17 12:00)

この記事へのコメント
こんにちは\(^o^)/
『楽縁』まちゃ姉です。
昨年の暮れにお会い出来たのを思い出します。
記事にしてくださり、ありがとうございました。

先日、『楽縁』にいらしたお客様で、「小暮先生のファンだ❗」
という方とお会いしました。お仕事で東京からいらしたお客様で、秘湯名湯巡りがご趣味なんだとか…。快活で聡明、日本酒好きで、ペルシャ人のようなエキゾチックなお顔立ちをされた美人な女性でした。
Posted by まちゃ姉まちゃ姉 at 2015年03月20日 14:57
まちゃ姉さんへ

ご無沙汰しています。
マスターにも、よろしくお伝えください。

エキゾチックな顔立ちの美人!
いゃ~、うれしいですね。
美人のファンは、大歓迎であります。
いや、器量に関係なく、ファンはありがたいものですね。

また赤兎馬に酔いに、寄らせていただきます。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2015年03月20日 19:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
赤兎馬の酔夢③ すべてはここから
    コメント(2)