温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年08月14日

墓場のダックスフンド


 昨日は、盆の入り。
 昨年、相次いで両親を亡くした僕は、2人が眠る赤城山中腹の霊園へ、墓参りに行って来ました。

 行ったのは昼近く。
 すでに兄夫婦が来たようで、墓石の周りはキレイに掃除がされていて、みずみずしい生花が活けられていました。

 園内の東屋がある水場で、水桶とひしゃくを借り、線香に火を点けていた時です。
 東屋の中で涼をとる婦人に気づきました。
 婦人の足元には、黒い犬が、うずくまっていました。

 「あれ、かわいい子がいますね」
 ダックスフンドです。
 見るからに、かなり高齢だと分かりました。

 「おいくつですか?」
 「13才なんですよ」
 「でも、元気そうですね」
 僕は昨年、見送ったマロの面影を重ねつつ、ダックスフンドに近づきました。

 「腰が悪いんですよ。医者には 『家から出すな』 と言われているんですけどね。この子を一人にできなくて、連れてきちゃいました」
 それから、僕と婦人の立ち話が始まりました。

 去年の9月に、愛犬のマロ (チワワ) が死んだこと。
 13年一緒に暮らしていたこと。
 最期は腰が悪くて、歩けなくなったこと……

 今度は婦人が、僕の話と目の前の老犬を重ね合わせていたようです。
 見る見るうちに、悲しそうな顔になり、
 「ショックだったでしょう?」
 と、僕を思いやり始めました。

 「ええ……、まさか、こんなにも引きずるとは思いませんでした。いまでも、似た犬を見ると、胸を締め付けられます」
 すると婦人は、老犬をなでながら、
 「13才って、寿命なんですか?」
 「うーん、個体差があると思いますよ。うちの子は、ちょっと早かったかな」
 「ちょっとなの? 寿命って、どのくらいなんですか?」
 「小型犬の場合、15才ぐらいだと聞いていますけど……」

 そう言った途端、婦人は、ますます悲しそうな顔になり、涙さえ浮かべ始めました。
 「だったら、あと2年じゃないですか……」

 僕は、いたたまれなくなって、
 「バイバイ、元気でね!」
 そう言って、ダックスフンドの頭をなでると、水桶と線香を手に、ふたたび両親の眠る墓所へと向かいました。


 オヤジ、オフクロ、ごぶさた。
 早いもので、2度目のお盆だね。
 マロが、そっちへ行ったんで、驚いたと思うけど、可愛がってやってくれよな。
 次は秋の彼岸に来るから、マロのこと、よろしく頼んだよ。

 東屋に水桶とひしゃくを返しに行くと、もう、そこに、婦人とダックスフンドの姿はありませんでした。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 今の姿をさらしたい (2022-12-02 14:12)
 鼻毛とチャーハンと大型犬 (2022-11-29 11:56)
 霊感なんてないはずなのに (2022-11-21 10:56)
 走れ! マロ号 (2022-11-12 12:08)
 アマノジャクと群衆嫌悪症 (2022-11-02 11:20)
 3つの誓い (2022-10-28 12:04)

この記事へのコメント
残暑お見舞い申し上げます。
お久しぶりです。
私は動物を飼ったことがないのでお気持ちがわかりません。
でも、小暮さんの優しい心が伝わってきました。
夏の暑さを忘れさせてくれるさわやかなブログです。
Posted by 気まぐれ爺さん at 2020年08月14日 15:42
気まぐれ爺さんさんへ

大変お久しぶりです。
お元気でしたか?
今年の夏は、コロナ禍と猛暑のダブルパンチで、なかなか思うように外出ができませんが、ご自愛しながらお過ごしください。
引き続き、ごひいきのほど、よろしくお願いいたします。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2020年08月14日 23:39
いつもお世話になっています。
犬のギネス記録は、世界一が29歳で日本一が26歳とのこと。先日、朝の情報番組の犬のコーナーで登場したのが25歳と聞いて調べました。
ウチの猫は来月で満16歳、いままで飼った6匹で最年長記録です。去年から2度危なかったのですが、どうにか持ちこたえています。〇生いろいろですね。
Posted by カズ at 2020年08月15日 09:57
カズさんへ

26さーい!
マロの2倍生きた犬がいたんですね。
人間でいったら、いったい何歳なんでしょうか?
150歳くらいじゃないですかね。
ただただ驚きです。

教えていただき、ありがとうございました。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2020年08月15日 16:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
墓場のダックスフンド
    コメント(4)