温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2022年11月09日

牧水気分で浮かれ酒


 <其処へ一升壜を提げた、見知らぬ若者がまた二人入って来た。一人はK―君という人で、今日我らの通って来た塩原多助の生まれた村の人であった。一人は沼田の人で、阿米利加(アメリカ)に五年行っていたという画家であった。画家を訪ねて沼田へ行ったK―君は、其処の本屋で私が今日この法師へ登ったという事を聞き、画家を誘って、あとを追って来たのだそうだ。そして懐中から私の最近に著した歌集 『くろ土』 を取り出してその口絵の肖像と私とを見比べながら、「やはり本物に違いはありませんねエ。」 と言って驚くほど大きな声で笑った。>
 (若山牧水・著 『みなかみ紀行』 より)


 先日、四万温泉に泊まった晩のこと。
 県内外から温泉好きが集まり、酒を酌み交わし、宴たけなわとなった頃、宿に中年の男女が訪ねて来ました。
 2人は夫婦で、なんでも、僕がこの宿に泊まっていることを知り、やって来たのだといいます。

 手には、僕の著書が握られていました。
 見れば、新品であります。

 はて、なぜに新品なのだろうか?
 僕の読者ならば、読み込んで、手垢にまみれているはずです。

 「それ、どうされました?」
 「ええ、先生が四万温泉に来られると聞き、会いたくて……」
 「いえ、その本です。新しいですよね?」
 「ああ……、今、宿で買ってきました。サインをお願いします」


 たぶん、こういうことなのでしょうね。
 この日、僕と泊まっている温泉ファンの誰かが、SNSか何かで、つぶやいた。
 すると偶然、同じ四万温泉の別の宿に泊まっていた温泉ファンの夫婦が、僕がこの宿に泊まっていることを知った。
 会って、サインをもらおうと思ったが、あいにく本は持って来ていない。
 ところが運よく、夫婦が泊まっている宿に僕の本が売っていた。
 取り急ぎ購入して、僕が泊っている宿を訪ねて来たということのようです。

 もちろん、こころよくサインをいたしました。
 ついでに、「よろしかったら一緒に、一杯やりませんか?」 と宴の席に誘いました。


 「まるで牧水のようですね」
 誰かが言いました。
 「本当だ、悪い気はしないね。冥利に尽きる」
 と僕は、牧水気分で美酒に酔いしれたのであります。

 たかが温泉、されど温泉。
 旅と湯と酒を愛した牧水に、乾杯!
 

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 堀江さんの職業 (2022-09-23 12:26)
 赤兎馬まみれ (2022-08-03 12:00)
 ANAK (2022-07-02 12:18)
 老翁A (2022-06-28 11:19)
 高嶺の酒 (2022-06-21 12:37)
 老いては弟子に従え (2022-06-10 11:35)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
牧水気分で浮かれ酒
    コメント(0)