温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2022年03月06日

フェア残り一週間



 「イラストレーターやデザイナーを志す若い人たちに見てほしいですね」

 現在、紀伊國屋書店前橋店で開催中の 「小暮淳 著書フェア」。
 このフェアの会場では、拙著 『ぐんま謎学の旅 民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん) の表紙画展も同時開催されています。


 フェア開催初日、友人のイラストレーター・飯塚裕子氏が会場に駆けつけてくれました。
 彼女は、拙著 『ぐんまの里山 てくてく歩き』(上毛新聞社) の表紙絵を描いてくれた作家です。
 (絵といっても実際は紙粘土による立体画です)

 その彼女が開口一番、発したのが冒頭の言葉でした。


 彼女は同じイラストレーターとして、今回、出展した栗原俊文氏の展示物に大いに共感したようです。
 会場には、栗原氏が手がけた原画のみならず、「表紙ができるまで」 と題して、その制作過程も事細かに図解入りでパネル展示されています。

 依頼→会議→立案→ラフ→推こう→作画→推こう→デザイン→サンプル→決定

 といった仕事の流れを、一般の人でも分かりやすく説明しています。


 「これ、パクってもいいかしら?(笑) 私も今度、作品展で使わせてもらいます」

 飯塚氏は、こうも言います。

 「一番見えない部分で、一番見てほしい所なんですよね」


 さてさて、泣いても笑っても残り一週間となりました。
 すでに行かれた人は、ぜひ、もう一度会場へ!
 まだの人は、今すぐ会場へ!

 早く行かないと、売り切れちゃいますよ~!!
 (なわけないか)



          小暮 淳 著書フェア
 同時開催 『民話と伝説の舞台』 栗原俊文 表紙画展

 ●会場/紀伊國屋書店前橋店
       (けやきウォーク前橋1階 けやきコート側入口)
 ●会期/開催中~3月13日(日)
       10:00~22:00


同じカテゴリー(著書関連)の記事
 読者様は神様です (2022-06-13 12:03)
 来展御礼 ~著書フェア終了~ (2022-03-14 13:37)
 紀の国からの贈り物 (2022-02-26 12:20)
 著書フェアに著者はいらない (2022-02-11 11:34)
 明日から開催! 著書フェアin紀伊國屋 (2022-02-10 11:27)
 紀伊國屋書店 “著書フェア” 続報! (2021-12-07 11:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
フェア残り一週間
    コメント(0)