温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2022年09月23日

堀江さんの職業


 「今日は、酔っ払っちゃったな」
 と言えば、
 「うちはね、酔わない酒なんて出してないんだよ」
 と返される。
 「ああ、そうでした」
 そして、常連客らの笑い声。

 いつものたまり場、酒処 「H」 は、今宵も和気あいあいの雰囲気に包まれています。


 では、なぜ、僕たちは酔うのでしょうか?
 演歌の世界ならば、“忘れてしまいたいこと” があるから?
 いい事があった日は、“喜び” を分かち合いたいから?
 はたまた、今日も一日頑張った自分へのご褒美でしょうか?

 僕が酒処 「H」 で酔う理由は、ここに “人生のヒント” が、たくさん転がっているからなんですね。


 たとえば、先日のこんなワンシーン。
 話題は、83歳 (当時) でヨットによる世界最高齢単独無寄港太平洋横断に成功した堀江謙一さんの偉業で盛り上がっていました。
 その時、常連客の一人が言ったひと言が、眠れない夜を連れてきました。

 「堀江さんて、冒険家なの? 探検家なの?」


 たぶん、スマホで検索すれば、一発で答えは出で来るのでしょうが、そこは昭和をこよなく愛するアナログ人間の集まりです。
 テストでカンニングをして、答えだけ写して提出するような姑息な手段は、誰もが望んでいません。
 まずは、お得意のディスカッションから始まります。

 「“冒険” と “探検” って、どこが違うの?」
 「そもそも漢字が違うよね」
 「えっ、違う漢字なの?」

 そんなところから、侃侃諤諤(かんかんがくがく)と意見交換が続きます。
 結果、酔っ払っていることもあり、その日は宿題として持ち帰ることになりました。


 そして昨晩、その答え合わせとなりました。
 もちろん、発表するのは僕の役割です。

 【冒険】
 危険を冒すこと。成功のたしかでないことをあえてすること。(広辞苑)

 「冒険」 の 「険」 は、「危険」 の 「険」 です。
 “けわしい” という意味があります。


 【探検】
 未知のものなどを実地にさぐりしらべること。(広辞苑) 

 ですから、検査や点検などの 「検」 の字が当てられているのですね。
 「検」 は、調べるの意味。
 それに、「探」 の字が付くわけですから、“探り調べる” ことになります。

 ただし、辞書には、こんな一文が添えられています。
 <また、危険を冒して実地を探ること。>
 この場合のみ、「探険」 と表記してもよいようです。


 では、堀江謙一さんの偉業は、「冒険」 なのでしょうか? 「探検」 それとも 「探険」?

 意味からすれば、「冒険」 ということになります。
 そして、堀江謙一さんのプロフィールにも、ちゃんと 職業欄に 「海洋冒険家」 とありました。


 「いゃ~、ジュンちゃん、ありがとう。これで、すっきりしたよ!」
 常連客らに感謝され、昨晩も美酒に酔いしれることができました。


 常連客のみなさんへ
 「H」 の酒は、同じ酒でも話題により酔いのスピードが増しますから、深酒にご注意ください。
 

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 赤兎馬まみれ (2022-08-03 12:00)
 ANAK (2022-07-02 12:18)
 老翁A (2022-06-28 11:19)
 高嶺の酒 (2022-06-21 12:37)
 老いては弟子に従え (2022-06-10 11:35)
 人生の追加メニュー (2022-06-07 12:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
堀江さんの職業
    コメント(0)