温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2019年07月14日

表紙画展 今日から開催!


 いよいよ、始まりました!
 戸田書店高崎店の特設スペースにて、拙著 『ぐんま謎学の旅 民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん) の出版1周年を記念した 「『民話と伝説の舞台』 栗原俊文 表紙画展」 が、今日から開催されます。

 昨日は、作者の栗原氏と出版担当者とともに、会場の設営に行ってきました。
 とにかく、目立つ!
 本の表紙が、鮮やかな黄緑色の蛍光カラーということもあり、派手です。
 おまけに展示場所が、店内のド真ん中!
 どでかいポスターやフリフリの飾り物などでディスプレーされているので、否応にも目に入ります。

 展示パネルでは、作者が本の装丁デザインおよび表紙イラストの依頼を受けた時から完成まで、その創作過程を時系列に絵や写真を用いて、分かりやすく解説しています。
 ぜひ、本ができるまでの流れを楽しんでください。


 そ、そ、そしてーーーーっ!!!! 
 圧巻なのは、本の陳列数であります!
 通常、新刊の平積みでも2~4面ですが、ナ、ナ、ナント!

 常設コーナー1面+特設スペース9面=10面

 驚愕の10面平積み販売であります!
 もちろん、僕の著書としては新記録ですが、東野圭吾さんや村上春樹さんなどのベストセラー作家でも、なかなか10面平積み販売というのは、あまりないのではないでしょうか?
 ということは、今回、書店側の破格の扱いがあったということです。

 戸田書店高崎店の店長さん、主任さん、店員のみなさん、ありがとうございます。
 これから1ヶ月半の間、よろしくお願いいたします。


 読者のみなさ~ん、戸田書店高崎店に行きましょう!



    『民話と伝説の舞台』 栗原俊文 表紙画展
 ●会期  2019年7月14日(日)~8月31日(土) 10:00~23:00
 ●会場  戸田書店高崎店(下小鳥町) 特設スペース
 ●問合  ちいきしんぶん TEL.027-370-2262


同じカテゴリー(著書関連)の記事
 落款は楽観の印 (2022-11-26 11:42)
 読者様は神様です (2022-06-13 12:03)
 来展御礼 ~著書フェア終了~ (2022-03-14 13:37)
 フェア残り一週間 (2022-03-06 11:23)
 紀の国からの贈り物 (2022-02-26 12:20)
 著書フェアに著者はいらない (2022-02-11 11:34)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
表紙画展 今日から開催!
    コメント(0)