温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2022年09月25日

絵本 『くじらのなみだ』 トークショー開催


 ≪絵本 「くじらのなみだ」 出版≫
 ≪命の大切さ感じて≫

 一昨日、地元の新聞にカラー写真を添えた記事が、大きく掲載されました。

 <前橋市の絵本作家、野村たかあきさん(72)と県立女子大非常勤講師の小野浩さん(68)=福島県いわき市=が、捕鯨をテーマにした絵本 「くじらのなみだ」 を出版した。>


 絵本は、生活のために子クジラを捕まえた主人公の少年が、浜にやって来た母クジラから子どもを守ろうとする思いを聞いて、命をいただくことに感謝する物語。
 舞台は江戸時代。
 実際に、いわき市で行われていた捕鯨を基に、親が子を思う愛情の深さや、海や命の大切さを描いています。

 絵本の表紙帯には、こんなコピーが書かれています。

 「生きるために殺すのか?」
 「おれたち人間は生きるために鯨をとるんだ」

 そして、裏表紙には、こんな言葉が……
 「その海はだれのもの」

 ●でくのぼうの創作絵本 『くじらのなみだ』
  A4変形判28ページ 1,650円 (税込)


 現在、同書の原画展が前橋市敷島町の 「フリッツ・アートセンター」 で開催中です。
 昨日、作者2人による第1回目のトークショー (座談会) があり、聴講してきました。
 2人の出会いから絵本の制作秘話まで、たっぷり1時間以上にわたる聞きごたえのある内容でした。

 第2回目のトークショーが、10月8日(土) 13時30分~予定されています。
 入場無料。
 問い合わせは、フリッツ・アートセンターまで。



        『くじらのなみだ』
     野村たかあき 絵本原画展

 ●会期  会期中~10月16日(日)
 ●会場  フリッツ・アートセンター (前橋市敷島町)
 ●入館  無料
 ●休館  火曜日
 ●時間  11:00~18:00
 ●問合  TEL.027-235-8989 (同センター)


同じカテゴリー(ライブ・イベント)の記事
 温泉サミットを終えて (2022-12-04 14:30)
 詩人の目 レンズの眼 (2022-11-30 12:00)
 海うさぎ、跳んだ! (2022-11-23 11:31)
 ミルコト+ミエナイコト=サワルコト (2022-11-10 12:00)
 パチリ! 今日の朝日新聞 (2022-10-30 11:51)
 晴れ、ときどき朔太郎日和 ② (2022-10-29 11:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
絵本 『くじらのなみだ』 トークショー開催
    コメント(0)