温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年05月25日

PAN 2 ○ 見え


 現在、東京都美術館で開催中の 『バルテュス展』。

 僕は、本当に美術にうといものですから、どんな画家か知りませんでした。
 ネットで調べて、「20世紀最後の巨匠」 と呼ばれたフランス人画家ということを知ったくらいです。

 なのに、いやに気になるんですよ。
 この人の絵!

 片膝を立てた少女が、両手を頭に乗せながらめをつむって、体をのけぞらしています。
 けだるい、昼下がりの光景なのかもしれません。
 かたわらでは、ネコが皿のミルクを飲んでいます。

 一見、のどかな叙情的な絵画に映るのですが、僕の目は、ある一点に釘付けになりました。
 それは、少女の股間!

 スカートをはいて、寝ころび、片膝を立てている少女の股間に描かれた白い下着・・・
 いたいけな少女のエロチシズムとでもいうのでしょうか。
 見てはいけないような、罪悪感につつまれてしまいました。

 1938年に描かれた 「夢見るテレーズ」 という作品です。


 でもね、僕が 『バルテュス展』 のチラシを手にして、表紙に描かれたこの絵を見て最初に脳裏に浮かんだのは、そんな感傷的なことではなかったんですよ。

 ひと言!
 「パンツー まる見え~」
 そう、小学生の頃に、パンチラしている女の子をからかった魔法の言葉です。

 でも実際には、言葉は発しません。
 それとなく、まわりの人たちに気づかれないように、パンツが見えている女の子だけに合図を送ります。

 「パン」 両手を叩きます。
 「ツー」 人差し指と中指を立てて、Vサインを出します。
 「マル」 親指と人差し指で輪を作り、OKサイン。
 「ミエ」 片手の手のひらを額に付けて、景色を眺めるポーズをします。

 これで、「パンツが丸見えですよ」 の意味。


 今の子たちは、こんなことをして遊ぶのでしょうか?
 「スカートめくり」 なんかが、大流行していた時代のことです。

 エロチシズムよりも、ノスタルジーに引き込まれたひと時でした。
 やっぱり、僕に美術のセンスはありませんね。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 今の姿をさらしたい (2022-12-02 14:12)
 鼻毛とチャーハンと大型犬 (2022-11-29 11:56)
 霊感なんてないはずなのに (2022-11-21 10:56)
 走れ! マロ号 (2022-11-12 12:08)
 アマノジャクと群衆嫌悪症 (2022-11-02 11:20)
 3つの誓い (2022-10-28 12:04)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
PAN 2 ○ 見え
    コメント(0)