温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年08月13日

マロの独白 (黄泉編) 新盆でやんす!


 こんにちワン! マロっす。
 ここんちの飼い犬、チワワのオス、享年13才2ヶ月と7日です。

 お久しぶりでやんす!
 読者のみなさんは、お元気でした?
 オイラ、新盆なので帰って来やした。

 最後に書いたブログが、この世を去った昨年の9月20日ですから、約11ヶ月ぶりなんですね。
 お懐かしゅうごいます。


 あれから何をしていたかって?
 あの世って、けっこう忙しいんですよ。
 オイラには、別れ際に、ご主人様と交わした “約束” がありましたからね。
 それは、あの世へ行っても大主人様と大奥様に使えること!

 とはいっても、黄泉の国は広いんです。
 しかも人間様と我々動物とでは、居住エリアが分かれていて、簡単には会えません。
 のでオイラ、あの手この手を使って神様に取り入って、なんとか人間エリアに入り込めたのは半年後の今年の春。
 そうです、大主人様と大奥様の一周忌が過ぎてからなんです。


 でも人間エリアも広いんですよ。
 没年ごとに居住エリアが分かれているんですが、大主人様と大奥様は昨年、一緒に逝かれたので、一番新しいエリアで仲良く暮らしていました。
 最初にオイラに気づいたのは、大奥様でした。

 「大奥様、お懐かしゅうございます。マロです!」
 オイラが飛びつくと大奥様は、たいそう驚かれましたが、
 「えっ、マロかい? 本当にマロなの! でも、ここに居るっていうことは、お前も死んじゃったのかい?」
 「はい、大奥様。オイラは大奥様を追って4か月後に、こちらに参りました」

 大奥様は、とても若返って見えました。
 最期の数年間は寝たきりだったのに、今は少女のようにお花畑を歩き回っています。

 「マロや、お父さんもいるんだよ。今、呼んで来るからね。おとーさーーーん!!」

 そして、やって来た大主人様を見て、ビックリ!
 だって、背筋は伸びてるし、ステッキは持っていないし、かくしゃくとして歩いて来るではありませんか!
 「ほら、お父さん、マロが会いに来てくれましたよ」
 「マロ? さて、誰だい?」
 「いやですよ、ほら、ジュンの家にいた犬のマロちゃんですよ」
 「犬? オレは犬は苦手だからな」

 どうしたことでしょう?
 あの世に来ても、まだ認知症が治ってないのでしょうか?
 オイラが困っていると、大奥様が言いました。
 「マロ、ごめんなさいね。お父さん、認知症になる前に戻っちゃったのよ」

 ということは、オイラが小暮家に来る前の姿なんですね。
 だから分からないんですね。
 でも、良かった!
 大主人様も大奥様も、あの世では病気をされる前の姿で、暮らされているのですね。 

 「マロ、今年の夏は、新盆でしょう?」
 「新盆?」
 「そう、亡くなってから最初の盆は、必ず帰らないとね」
 「お二人は、行かれないのですか?」
 「私たちは去年、済ませたからね。一応、お盆中には顔を出すけど、遠くから見守るだけなのよ」
 「今年の盆ならオイラの姿が、見えるんですか?」
 「そういうことよ。ジュンに会って、私たちが元気に暮らしていることを伝えてね。頼んだわよ」
 「はい、大奥様!」


 ということで、今朝早々に帰って来ました。
 この世に居られるのは4日間だけです。
 また、ご主人様と散歩に行きたいけど、相変わらず下界は暑いでやんすね。

 では、これから、ご主人様に会ってきやす。
 驚くだろうな~

 そーっと、そーっと、近づいて……


 「ご、しゅ、じ、ん、さまーーーーっ! マロっす!」
  

同じカテゴリー(マロの独白)の記事
 マロの独白 (最終回) 天国より愛を込めて (2019-09-20 20:01)
 マロの独白 (番外) 代筆いたします。 (2019-09-17 11:16)
 マロの独白(50) 腰くだけ (2019-08-19 17:58)
 マロの独白 (49) 犬生100年時代 (2019-07-17 11:17)
 マロの独白 (48) ご主人様は男です! (2019-05-27 18:37)
 マロの独白 (47) リッチなおやつ (2019-04-22 16:55)

この記事へのコメント
マロさま(^^♪
おひさしぶりでございます!楽しそうな、「あの世レポート」をありがとうございます!(=゚ω゚)ノ ちゃんとお花畑があって、病気もない世界なのですね。
ほっといたしました(=^・^=)
マロパパ先生も、さぞお喜びだと思います♪
4日間、酷暑ではございますが、久々のこの世をしばし堪能くださいませ。

ムクより
Posted by ムク at 2020年08月13日 13:53
ムクさんへ

マロっす!
お久しぶりでやんした。
ただいま4日間の “お盆休み” を楽しんでおります。

ブログを書いた後、ご主人様と感動の再会をいたしました。
ご主人様ったら、「本当にマロなのか!?」 って言いながら、苦しいほどのハグをしてくださいました。
そして、さっそく散歩に出かけました。
晩年のオイラは老化のため腰くだけでしたが、今日は若犬のように歩くオイラを見て、ご主人様は嬉しそうに涙を浮かべていただワン!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2020年08月13日 22:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
マロの独白 (黄泉編) 新盆でやんす!
    コメント(2)