温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年08月27日

消えゆく一軒宿


 「先日は、お時間を作っていただき、ありがとうございました。確認したいことがありまして、お電話しました」
 と、某新聞社の記者から丁寧な電話がありました。
 今月のはじめ、「温泉の特集記事を組みたいので、話を聞かせてほしい」 との連絡があり、新聞社を訪ねたことがありました。
 その時、3時間におよぶ取材の中で、現在の温泉地の現状について、たっぷり話をしてきました。

 どうして、そんなにも長時間の取材を受けたのか?
 それは、記者に情熱を感じたからに、ほかなりません。
 若い男性記者は、「それは、どういうことですか?」 「教えてください」 と、とにかく真剣なんです。
 そして、自分が納得するまで、質問をしてきます。

 いいですね!
 この取材姿勢、共感を覚えます。

 ネット社会の昨今、情報は必要過多に氾濫しています。
 にもかかわらず、手を抜かず、“生の声” を聞こうとする姿勢に、僕自身が引き込まれました。


 「あれから、小暮さんに教えていただいた温泉宿を回りました。どこの宿のご主人も、親切に応対してくださいました。ありがとうございました」
 と、気持ちの良い青年であります。

 「で、あの時、お話していただいた、消えた10軒の宿について、もう一度、確認したいのですが、よろしいでしょうか?」

 “消えた10軒” とは、2009年に出版した拙著 『ぐんまの源泉一軒宿』(上毛新聞社) に掲載されている50軒の一軒宿のうち、現在も営業している宿は40軒で、この11年間に10軒もの宿が廃業してしまったという事実です。

 源泉を保有する一軒宿の廃業は、すなわち、イコール、“温泉地の消滅” を意味します。


 僕は、ことあるごとに、「群馬県内には約100の温泉地 (宿泊施設のある温泉) があります」 と言い続けています。
 でも、それは、あくまでも “約” であり、現実には、年々、その数字は減少しているのです。
 正確な数字は把握していませんが、もしかすると90を割っているかもしれませんね。

 なにも、この “一軒宿の減少” は、群馬に限ったことではありません。
 全国で同時進行している危機的な現象です。

 そして今年、コロナが温泉地を直撃しています。
 大きな観光を抱える温泉地は、国や県のキャンペーンにより、それなりの集客が望めるかもしれませんが、一軒宿の温泉地は、協会や組合に属さない “一匹狼” の家族経営の宿がほとんどです。

 このコロナ飢饉に耐えられるか、心配です。


 そんな危惧する現状を、若き記者は探ろうとしています。
 僕は、心より応援しています。

 ※掲載日が分かりましたら詳細を、ご報告いたします。
  

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 温泉はラーメンである (2022-09-26 12:24)
 強そうな温泉 (2022-08-06 11:39)
 脱帽神話 (2022-07-15 11:07)
 花袋の愛した群馬の温泉 (2022-03-05 10:44)
 2番じゃダメなんです! (2021-11-29 09:33)
 太宰と群馬の温泉 (2021-11-20 11:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
消えゆく一軒宿
    コメント(0)