温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2022年11月02日

アマノジャクと群衆嫌悪症


 韓国・ソウルで、ハロウィーンの夜に発生した雑踏事故。
 死者は増え、156人となりました。

 日本も、ひとごとではありません。
 思い出されるのは、平成13(2001)年に兵庫県明石市で起きた雑踏事故。
 花火大会の会場と駅を結ぶ歩道橋で観客が折り重なって倒れ、11人が命を落としました。

 死者のケタが違うって?
 いえいえ、実は日本でも過去に、100人を超える雑踏事故が起きているんです。
 昭和31(1956)年元日、新潟県・弥彦神社で福餅をまく行事に初詣客が殺到して124人が死亡しています。

 やはり、ひとごとではありません。
 いつなんどき、同じような事故が起きるかもしれないのです。


 と言っておきながら僕は、この手の事故には遭遇しない絶対の自信があります。
 だって、群衆嫌悪症なんですから!
 ひと言でいえば、人ゴミが大嫌いなのです。

 理由は、人が集まる所→同じ思考の集団→仲間に入りたくない、という、ひねくれた考えの持ち主だからです。
 だからサラリーマンにもなれなかったし、旅行も平日にしか行けません。
 根っからのアマノジャクなんです。


 思えば僕の個人プレイは、子どもの頃から顕著でした。
 スポーツもチームプレイは苦手。
 友だちと同じ物を持ちたくない。
 当然ですが、運動会や遠足などの集団行動も嫌いでした。

 長じて、夢を追いかけて大都会・東京へ出てはみたものの、満員電車や歩行者天国の雑踏に馴染めませんでした。
 「なぜ、みんな、他人と同じことができるのだろうか?」
 「なぜ、自分は、他人と同じことができないのだろうか?」
 若い頃は、そう悩み続けていました。


 そして出した結論は?

 ダメなものはダメ!
 キライなものはキライ!
 関わり合わなければ、いいんだ!

 ということで、僕が雑踏事故に遭遇する確率は、限りなくゼロパーセントに近いと思います。


 もし将来、僕が雑踏の中で息絶えていたら、笑ってやってください。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 今の姿をさらしたい (2022-12-02 14:12)
 鼻毛とチャーハンと大型犬 (2022-11-29 11:56)
 霊感なんてないはずなのに (2022-11-21 10:56)
 走れ! マロ号 (2022-11-12 12:08)
 3つの誓い (2022-10-28 12:04)
 A町の未来 (2022-10-24 14:10)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
アマノジャクと群衆嫌悪症
    コメント(0)