温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2019年07月11日

鎌田温泉 「梅田屋旅館」⑤


 ♪ 夏がくれば思い出す はるかな尾瀬 遠い空 ♪


 2015年5月に出版した 『尾瀬の里湯』(上毛新聞社) の取材以来ですから、4年以上ぶりになります。
 鎌田温泉(群馬県利根郡片品村) の老舗旅館 「梅田屋旅館」 に行ってきました。
 今回は、雑誌の取材であります。

 梅田屋旅館といえば、映画の山田洋次監督や落語家の立川談志師匠が常宿にしていたのをはじめ、著名な俳優が数多く訪れる宿として知られています。
 が、その人たちのエピソードは、かつて著書や新聞記事にも、たびたび書いてきました。
 ので、今回は、尾瀬と関わりのある2人の人物にテーマをしぼり、梅田屋旅館を訪ねました。


 戦後間もない昭和24年(1949) に発表され、大ヒットした 『夏の思い出』。
 誰もが知る名曲であります。
 この歌を作詞したのは、江間章子さんです。
 江間さんは、岩手県出身で東京都在住。
 なぜ、尾瀬の歌を作詞したのでしょうか?

 そして、梅田屋の玄関脇には、江間さん自筆による 『夏の思い出』 の歌碑が建っています。
 なぜ、公共の場所ではなく、個人の旅館前なのでしょうか?
 しかも、“尾瀬の玄関口” とは言われていますが、尾瀬ではなく、尾瀬から離れた片品村に建てられたのでしょうか?

 この疑問を解き明かすため、4代目女将の星野由紀枝さんと、息子で常務の武志さんに話をお聞きしました。


 そして、もう一人は、“尾瀬の父” と呼ばれた植物学者で登山家の武田久吉博士についてです。
 明治38年(1905) 7月、尾瀬に初めて入山し、その景観の素晴らしさを世に広く知らせた人物です。
 博士が大正時代に著した 『尾瀬再探記』 という紀行文には、梅田屋について記した、こんな一文が残っています。

 <親切な宿屋。寝具や浴衣の清潔な宿屋。上白の米を食わせる宿屋。一言にして尽くせば感じのよい宿屋であった。私はこれを推奨するに躊躇しない。>
 と絶賛しています。

 今回も老舗ならではのエピソードを、たくさん拾ってきました。


 僕は、色紙へのサインを頼まれたときに、書く言葉があります。
 <守り継ぐ湯 語り継がれる宿>
 です。

 湯の数だけ歴史があり、宿の数だけ物語があるということです。
 だから僕は、同じ温泉、同じ宿に、何度も足を運ぶのだと思います。

 温泉の話は、尽きることがありません。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 宝川温泉 「汪泉閣」⑧ (2022-11-18 09:19)
 月夜野温泉 「みねの湯 つきよの館」⑮ (2022-11-13 18:59)
 四万温泉 「もりまた旅館」② (2022-11-07 11:30)
 磯部温泉 「小島屋旅館」➁ (2022-08-22 11:25)
 幡谷温泉 「ささの湯」④ (2022-05-15 20:46)
 倉渕川浦温泉 「はまゆう山荘」④ (2022-04-25 11:44)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鎌田温泉 「梅田屋旅館」⑤
    コメント(0)