温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2022年05月17日

ハメマラの逆襲


 やだやだやだやだ~!

 老化が止まりません。
 なすすべもなく、ただただ受け入れるしかないのでしょうか?


 ご同輩のみなさん、お元気ですか?
 すこやかに老いていることと、お喜び申し上げます。
 特に男性のご同輩においては、アチラの方もご心配されていることと思います。

 “老いては子 (ムスコ) に従え”
 と言います。
 素直に、老化を受け入れましょう!


 ということで、またまた歯医者通いが始まりました。

 みなさんは、「ハメマラ」 という言葉を、ご存知ですか?
 「ハ」 は、歯です。
 「メ」 は、目です。
 「マラ」 は、男性の生殖器。

 いわゆる男性の肉体老化の順序を、面白おかしく表現した言葉なんですね。
 でも僕の場合、ちょっと順番が違いました。
 40代で 「メ」、50代で 「マラ」、そして還暦過ぎたら途端、一気に 「ハ」 がやって来ました。


 なんでも60代では、平均6本の歯が抜けるらしいですね。
 すでに3本が消え去りました。
 さほど奥歯は気になりませんが、前歯が抜けると、あわてます。
 幸い、この2年半はコロナ禍ということで、マスク生活が続いているため、ふだんは隠し通すことができますが、さすがに人前で話をするとなると……

 しかも先日の講演会は、その後に懇親会がセットされていました。
 会食となれば、マスクをはずさなくてはなりません。


 なのに、講演の数日前、突然、前歯がポロリと抜け落ちました。
 よく見ると、差し歯です。
 「差し歯で良かった」
 と、一瞬の恐怖の後の安堵。

 速攻、かかりつけの歯医者に電話して、ギリギリの講演前日に入れてもらいました。


 ところが……

 一難去って、また一難。
 今度は、入れた差し歯の隣の前歯が、ポキリと欠けました。

 やだやだやだやだ~!


 気を抜くと、老いは、すぐに牙をむきます。
 ご同輩のみなさん、お気をつけくださいませ。

 “ハメマラ” は忘れた頃にやって来るのです。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 今の姿をさらしたい (2022-12-02 14:12)
 鼻毛とチャーハンと大型犬 (2022-11-29 11:56)
 霊感なんてないはずなのに (2022-11-21 10:56)
 走れ! マロ号 (2022-11-12 12:08)
 アマノジャクと群衆嫌悪症 (2022-11-02 11:20)
 3つの誓い (2022-10-28 12:04)

この記事へのコメント
もうじき50代ですが、全てダメなような"(-.-"")凸"
もう半分以上諦めモードです(T_T)
Posted by みわっち at 2022年05月18日 07:39
みわっちさんへ

老いに気づくということは、新しい発見があるということです。
ぜひ、老いて行く自分を面白がってください。
僕も自然にあらがうことなく、粛々と老いる自分を観察しようと思います。

きっと若い頃には見えなかった発見があると思うんですよ(笑)
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2022年05月18日 13:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ハメマラの逆襲
    コメント(2)