温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2022年09月21日

その子は悪くない!


 「あやうく、お前は殺人犯になってたんだぞ!」
 その衝撃的な事実をアニキから告げられたのは、大人になってからでした。

 アニキとは7歳違いですから、僕がまだ未就学の頃の話です。
 オフクロによれば、その頃の僕は、どこへ行くにもアニキの後をついて回っていたといいます。
 いわゆる “おまめ” というやつで、アニキが友だちとドッチボールや草野球をする時も、とりあえず得点に関係なく、メンバーにだけは加えて遊んでくれたようであります。

 「おい、小暮、また弟を連れて来たのかよ?」
 と友達に言われれば、アニキは、
 「ごめん、ごめん。“おまめ” でいいからさ、隅に置いといてくれよ」
 と毎度、謝っていたといいます。

 なんとなく僕にも、その記憶はあります。
 公園やグランドの中央ではなく、みんなの邪魔にならないように隅の方で、ポツンと一人で立ち尽くしていたことを……


 その衝撃的な事実は、家の近くのため池で起きたといいます。
 アニキと友だち数名は、手作りの木の舟を浮かべて遊んでいました。
 その時、僕が駄々をこねたと言います。
 「僕にも舟、やらせて!」

 アニキに言えばよかったのですが、友だちに言ったようです。
 「ダメ、これは貸せないよ」
 と断られた僕は、腹いせに、
 「バカ!」
 と言うなり、その友だちを、エイッと、ため池に突き飛ばしたのだといいます。


 「それで、その友だちは、どうしたの?」
 記憶にない僕は、アニキに訊きました。
 アニキの応えは、こうでした。
 「そいつは泳ぎが得意だったから助かったよ。でもな、違う子だったら、溺れて死んでいたかもしれないんだぞ」

 そんなことを何十年も経った大人になってから言われても、言葉の返しようがありません。
 しかも、“殺人犯になっていたかもしれない” だなんて……


 なぜ突然、こんな話をしたのかと言えば、先日、北海道で起きたゴーカート事故のニュースに心を痛めたからです。
 リゾート施設の駐車場で行われた仮説のイベント会場で、暴走したゴーカートが順番待ちをしていた観客に突っ込み、2歳の男児が死亡しました。
 ゴーカートの試乗体験をしていたのは、11歳の女児です。

 これは完全に、主催者側の安全管理をおこたった業務上過失致死傷です。
 ゴーカートがコース外に飛び出すことは想定内のはずなのに、コースと観客の間には三角コーンしか置いてなかったなんて!


 もちろん、亡くなった男児と家族が一番の被害者ではあります。
 でも、突っ込んだゴーカートを運転していた女児のことを考えると、胸をかきむしられるよう苦しさを覚えます。
 その子も、また被害者なのです!

 僕の場合と違い、11歳ならば衝突の瞬間からその後の事実まで、一生忘れることはないと思います。
 できることなら、その女児の記憶を消してあげたい。
 その子に、なんの罪はないのですから……


 なんだか最近、小さい子が大人の不注意や軽率な行動により、命を落とすニュースが多くありませんか?。
 業種に関係なく、子どもに関わるすべての大人たちは、もっともっと細心の配慮を肝に銘じてほしいものです。

 もう、これ以上、幼い命の訃報は聞きたくありません。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 焼身自殺の真実 (2022-09-24 11:39)
 メール相談室 (2022-09-17 12:07)
 活字の力 (2022-09-14 13:39)
 置き去りにした悲しみ② (2022-09-08 13:27)
 1/2の呪い (2022-09-07 12:09)
 イワシの頭 (2022-09-04 12:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
その子は悪くない!
    コメント(0)